MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『BIUTIFUL ビューティフル』を観た感想

監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演 ハビエル・バルデム/マリセル・アルバレス


2010年、スペイン・メキシコ合作映画。
監督は「バベル」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。
「バベル」も「21グラム」もかなり好きな作品なので楽しみにしてたんですが、公開期間が短い&上映館が少ないという酷い扱いの為に見逃してしまった作品。DVDを購入して鑑賞しました。


ハビエル・バルデム演じる主人公「ウスバル」は、ドラッグ中毒の妻と別れ2人の幼い子供と暮らしていた。
不法滞在者や移民があふれるバルセロナの裏社会で生きる彼は、生活の糧を得るために法に触れる事にも手を染めていたが、ある日、末期ガンで余命二ヶ月だと宣告される。
ウスバルは残された僅かな時間の中で、少しずつ死への準備を始めるが、、、。


良い映画でした。

ウスバルは残された少ない時間の中で妻との関係や、家族や仕事仲間との歪んだ関係を修復しようとする。
そして、今までの人生を悔いる彼は背負っている罪を贖おうとするが、現実はそんなに甘い物では無く奇跡や救いも現れない。

泣きを煽る様な馬鹿な「お涙頂戴」演出は一切無く、淡々と「死の準備をする」ウスバルの苦悩が描かれる。
刻一刻と死の瞬間が迫る自分は子供達の為に一体何を残せるのか?その答えを出せないまま夜の街を彷徨うウスバルの姿が切ない。


タイトルのスペルは本来なら「beautiful」。
でも、子供にスペルを聞かれた彼は「聞いたままだよ」と、「biutiful」と教える。
ウスバルの妻が抱える双極性障害は「bipolar disorder」と書くのだそうで。
「biutiful」の「bi」は「bipolar」のそれで有り、美醜入り混じった場所にこそ、本当の「美」が有るという意味なのかもしれないですね。


劇中で「フクロウは死の瞬間に体内の毛玉を吐き出す」と語られる。
それは、死を目前にしたウスバルが唯一心境を吐露した霊能者仲間のベアへの言葉なんでしょう。

表面的には失敗ばかりで何も残せなかった彼。
でも実は彼は、他者との交流の中で「心」を残すことが出来た。
それは、彼が子供に残した石ころに籠められた想いであり、セネガル人の母子や中国人母子への偽りの無い優しさだったんでしょうね。


やっぱり自分は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの作風が大好きだと改めて実感しました。
この作品も、「バベル」「21グラム」と同様に、人間のダメな部分、醜い部分、汚い現実、それら全てを直視した上で「でも美しいんだよ」と微笑みかける優しさに溢れた作品だと思います。


「バベル」を観た感想
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-248.html


俳優のショーン・ペンはこの作品の鑑賞後、15分も立ち上がる事が出来ないくらいショックを受けたんだそうですが、それも納得ですね。
万人に薦められる作品では無いけど、ガツンと心に突き刺さる映画が観たい人にはおススメ。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画