MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『メン・イン・ブラック3』を観た感想

監督 バリー・ソネンフェルド
出演 ウィル・スミス/トミー・リー・ジョーンズ/ジョシュ・ブローリン


人知れず地球に住んでいる宇宙人達を監視している極秘組織「MIB」のエージェント「J」(ウィル・スミス)と「K」(トミー・リー・ジョーンズ)の活躍を描いたSFコメディシリーズ第三弾。
もう一作目から15年も経つんですねぇ、、、何気にシリーズは全て劇場で鑑賞してるので、今回も劇場へ。

ある凶悪宇宙人の暗躍により、地球は破滅の危機に面していた。
そこで「J」は40年前にタイムスリップし、その当時既に地球へ来ていた凶悪宇宙人を倒す機会をうかがう事に。
「J」は40年前の若き日の「K」と出会うが、、、、。


バリー・ソネンフェルドはシリーズを全て監督してるんですが、二作目が物凄くつまらなかったし、同監督の「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(1999年)も強烈にダメ映画だったので、今回の「3」にも全く期待してませんでした(笑)。

でも、意外と面白かったです。
エージェント「J」が何故しかめっ面ばかりしているのか?とか、JとKの関係と40年前の事件を絡めたストーリー展開が鑑賞後の爽快感へ繋がってて、ちょっと感動させられる話になってますし。


それにしても、ジョシュ・ブローリン凄いですね。
本当に若き日のトミー・リー・ジョーンズに見える。顔も声もそっくりだし、会話のちょっとした間の取り方とか雰囲気もそっくり。
ほとんど意識した事のない俳優さんだったので少し調べてみたんですが、「グラインドハウス」や「トゥルー・グリット」にも出てるんですね。
彼が主演の「ジョナ・ヘックス」もDVDで鑑賞しようと思ってたので、今後チェックする俳優さんの一人になりました(笑)。


いかにもハリウッド娯楽映画的な、気軽に楽しめる作品としては悪くないと思います。
シリーズを観てきてる人にはおススメ。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画