MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

護身術の理想と現実

動画「Defending Yourself against a Knife Attack - Fantasy vs Reality 」
http://www.youtube.com/watch?v=j55d8uqvKDQ&feature=player_embedded

ま、現実はこんなもんだろうと思います。
普段ほとんど運動をしてもいない素人が、ちょっと護身術をかじった程度で何とかなるものじゃないです。
心頭滅却しても火に飛び込んだら火傷するし、気合や根性で刃物を弾き返す事は出来ません。
愛や勇気が世界一の人だとしても、首を切断されたら確実に死ぬんです。
ヤバイのを見たら全力で逃げる。これが一番。


自分はボクシングやってましたし、剣道は段持ちです。
格闘技が大好きで空手も少しかじりましたし、身長も187cm有るので、まぁ、素人さんよりは多少腕っぷしには自信有りました。それでも、相手が刃物を持ってたら、まず「逃げる」事を考えます。


昔お世話になってた先輩がテコンドーや空手やってる上に喧嘩ばかりしてたんですが、「八●拳」の道場にも通ってました。
プロボクサーと喧嘩したり、チンピラと喧嘩してその相手のアゴの骨を割ったり、、、荒っぽいエピソードには事欠かないタイプの人(笑)。
その●極拳はゲームでも有名になった拳法なんですが、動きが護身術とか合気道っぽい部分が多いんですよね。
「相手がパンチを撃って来たら右手でそれを受け流しながら左手で突きを入れて足を払う」とか。

それで、その先輩相手に少し試したんですが、、、。
自分程度のレベルの人間のパンチにすら反応できてなかったんですよねぇ、、、。
「相手がこう来たらこう返す」っていう理論をその通り実践できれば確かに凄いんだけど、徹底して鍛えたプロでもない限り理想通りには動ける分けが無いんですよね。
まして、漫画やハウトゥー本で「分かった気になった」素人が護身術のマネごとしても全く無意味。


最近は、若い時から我慢する事を学ばず、無駄に「可能性」ばかり吹き込まれて自尊心が肥大させられてる人多いんですよね。おかげで、負ける事や他者に劣る部分を受け入れられない利己的な人格が形成され、他者への想像力が欠如したまま、ネットから得られる知識が世界の全てになってしまう。

教師も親も殴らないので、殴られる痛さや殴る怖さも知らない。当然、限度も加減も知らない。
だから簡単に人を刺すんですよねぇ、、、。

子供には、点数や知識を詰め込むよりも先に、そういう部分を育てる教育をして欲しい。


、、、、って、思い切り脱線して終了(笑)。

3 Comments

毒忍  

まぁ、なんだ。

実戦経験の伴わない理論は、机上の空論でしかないって事で。

だからスパーリングとかが大事なんだし、でも実際の試合や「実戦」の場では、スパーリング通りにいかないなんて、当たり前だし(それでもスパーリングとかしてた方が確実に動けるが)、そういった稽古を何遍も何遍も繰り返して体に染みつかせるしかないわけで、、、

まぁ、平和主義が一番だなw

2012/06/11 (Mon) 11:14 | EDIT | REPLY |   

もこ  

(´ω`)

合気道をかじってたモコモコさんが通ります。

まさにこうきたらこう!な練習で
言われたのと真逆に足を踏み出して
見事にボディに食らったのは良い思いでです(´Д`)

練習でさえこれなんだ♪
才能ないって悟ったさw

2012/06/11 (Mon) 12:35 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

>>じぶたん

つまり、君を見たら逃げろ!って話?(笑)


>>もこさん

お、もこさんの意外な一面。
合気道とか空手とか弓道とか、武道やってる女性ってカッコいいと思うし、武道って良いよね。第一の目的が己を律する事だし。
合気道にも凄く興味があって今でも習ってみたいんだけど、なかなか近場に道場無いんだよなぁ、、。

2012/06/11 (Mon) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 雑記