MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キラー・エリート』を観た感想

監督 ゲイリー・マッケンドリー
出演 ジェイソン・ステイサム/クライヴ・オーウェン/ロバート・デ・ニーロ/ドミニク・パーセル


出演陣が豪華なのに全く話題になって無い時点で推して知るべし、、という感じですが、この濃い面子に惹かれて劇場で観て来ました。


超一流の殺し屋としての生活をリタイアし、恋人と静かに暮らしていたダニー(ジェイソン・ステイサム)の元に、一枚の写真が届く。
それは、ダニーが殺し屋として活躍していた頃にパートナーとして信頼していたハンター(ロバート・デ・ニーロ)が巨大な組織に囚われてしまった事を示す物だった。
そして、ハンターを人質に取った組織は、彼の命と引き換えにダニーにひとつの取引を持ちかける。
それはなんと、三人の元SAS(英国特殊部隊)を「事故に見せかけて殺す」という物だった。

ダニー率いる殺し屋集団と元SASの戦いが静かに始まり、そこへ謎の男ローガン(クライヴ・オーウェン)率いる「フェーザー・メン」という組織が介入し、、、、。


残念な映画でした。
アクションシーンは迫力があるし、流石の濃い面子は皆良い味出してました。
でも、実話をベースにしたらしい脚本にまとまりが無さ過ぎます。リズムが悪いし、展開にメリハリが無い。
演出関係は結構よかっただけに、もっと洗練された脚本で観たかったなぁ、、、って感じ。

役者は凄く良かったんですけどね。
共に英国を代表するアクション・スターであるジェイソン・ステイサムとクライヴ・オーウェンの対決シーンは凄く迫力あったし、ロバート・デ・ニーロの渋さは半端じゃない。
『ブレイド3』でドラキュラを演じてたドミニク・パーセルも凄く良い味出してましたねー。
『プリズン・ブレイク』で主役の兄を演じて有名になったドミニクですが、『リベリオン』や『MI-2』にも出演してるそうで。
両作品とも観てますが、ドミニクは印象に残って無いんですよねぇ、、、、ガンカタにあっさりやられちゃってるのかな?(笑)


戦争が終わっても殺し合いの螺旋から抜け出せず、身を守るために作った組織同士で延々と続けられる「小さな戦争」。
そこでは何時しか目的すら忘れられ、手段と目的の逆転してしまった「殺人」に手を染めてしまっている自分に気づく。
そんな悲しい男の哀愁を感じさせたクライヴ・オーウェンも凄く良かったです。
彼、良い俳優になって来たなぁ。


この面子をまた違った映画で観たい。

- 0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。