MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バトル・シップ』を観た感想

監督 ピーター・バーグ
出演 テイラー・キッチュ/浅野忠信/リーアム・ニーソン


ハワイ沖で合同軍事演習を行っていた世界各国の艦隊の前に、正体不明のエイリアンの母船が出現。
その母船は特殊なバリアの様な物を張り巡らし、ハワイ沖を外界から遮断してしまう。
そして、そのバリアの内側では「地球滅亡」へのカウントダウンに値するミッションの準備が進められ、バリアの内側に残された数隻の巡洋艦は、世界の存亡を決める戦いに挑む事に、、、。


最近ハリウッドで流行の「侵略してくるエイリアン」とのコンタクトを描いた作品。
自分はこういう馬鹿映画(褒め言葉)が大好きなので、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「スカイライン」「カウボーイ&エイリアン」「SUPER8」etc、全て劇場へ足を運んでましたが、この作品は大好きな俳優さんである浅野忠信さんが出演してる事も有り、結構期待しつつ劇場へ。


観た感想は…やっぱり馬鹿ですね(笑)。
こういう映画にストーリーの整合性やテーマ等を突っ込んじゃいけません。
コテコテの熱い展開とリアリティ云々からは程遠い次元での派手なアクションが連発される映画で、そういうのを理屈抜きに楽しめば良いんです(笑)。

詳しくは知らないんですが、この作品の原作は「戦艦同士の戦い」をテーマにしたゲーム(シミュレーション)らしいですね。
その為、「宇宙からエイリアンが地球を侵略してきた」という大掛かりなテーマでありながら、「戦艦と戦艦」の一騎打ちに焦点をおいた作品になってます。
この辺り、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「スカイライン」と同様に「地球が滅びちゃう」っていう大風呂敷を広げた作品でありながら、物語の主軸を「戦艦同士の一騎打ち」へ絞り込む事に成功している設定や脚本は上手いと思います。


そして、もう笑っちゃうくらいに定番で濃い「熱い」展開の数々。
これは完全に「男の子」の為のミリタリーアクションですよね。愛も感動もお涙頂戴も皆無(笑)。

物語の冒頭で、主演のテイラー・キッチュが軍事演習を見学に来てた子供に「巡洋艦と戦艦とどう違うの?」と尋ねられ、「戦艦は恐竜みたいなもの。でも今は最新鋭の巡洋艦の火力の方が数段上だ」みたいに答えるんですよね。
そう答えた彼は最新鋭の巡洋艦のクルー。
そして、エイリアンの母船に対しても、その巡洋艦で挑むんですが、、、。

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、「宇宙戦艦ヤマト」の中の日本人の琴線に触れる部分と同様の物って、やっぱりアメリカ人の中にも有るんだなぁ、、、と思いました。終盤のアレは熱い展開でしたね。
両足を失った退役軍人が、己の拳でエイリアンを殴りとばすシーンも熱かった。
自分、こういうコテコテの熱い演出に弱いんです(笑)。


そして浅野さん。
自分はかなり昔からファンです。
昔、漫画家のアシスタントをしてた頃に、作家さんとよく一緒に上条淳士さんって漫画家さんの話をしてたんですが、上条さんは一番好きな作家さんなんです。
とにかく描線が美しくて、その美しい描線で描かれたキャラクターも鬼の様にカッコいい。
そしてある日目にした映画のレビューに「主演の浅野忠信さん演じる殺し屋が、まるで上条淳士さんの描くキャラの様に美しい」って書かれてまして…気になって観たその作品が「FRIED DRAGON FISH」(1993)でした。
残念ながらビデオでの鑑賞だったんだけど、主演の浅野さんが良い味出してたんですよねー。
それ以来、浅野さんの出演作を追いかけてて、今では日本人で一番好きな俳優さんです。
特に好きなのは「鮫肌男と桃尻女」かなぁ。
同作の監督「石井克人」さんの他の作品も大好きで、「茶の味」や「PARTY7」も大好きな作品です。

そんな浅野さんが出演したハリウッド映画「マイティ・ソー」もそれなりに面白かったけど、浅野さんはほとんど出番が無かったんですよねぇ、、。
でも今回のバトルシップでは、準主役ってくらい活躍してたので嬉しかったですねー。

主演のテイラー・キッチュはディズニーの超大作「ジョン・カーター」にも主演してますし、これから期待の新鋭なのかな。
リーアム・ニーソンが貫禄十分で、自分の娘が付き合ってる男(テイラー・キッチュ)へ睨みを効かすシーンは怖すぎて笑えました(笑)。

SFアクションや、海洋ミリタリーアクションが好きな方にはおススメ。
自分はブルーレイ出たら買うつもりです(笑)。

- 0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。