MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム』を観た感想

監督 ガイ・リッチー
出演 ロバート・ダウニー・Jr / ジュード・ロウ


感想が遅くなりましたが、前作に続き映画館で見てきました。
大好きな監督の一人であるガイ・リッチーの最新作にして、大ヒットシリーズ第二段。


ガイ・リッチーを知ったのは、わずが100万ドル程度の低予算で製作された彼のメジャーデビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(98)でした。
これがもう、衝撃的に面白かったんですよね。観た瞬間に「個人的傑作映画ベスト10入り」しましたから(笑)。
癖のあるキャラ達と巧みに作りこまれた脚本(脚本もガイ・リッチー)と、お洒落なんだけどどこか間の抜けたやりとりやユーモアのセンスが「上品に洗練されたタランティーノ」っていう印象でしたね。

そんな彼の才能にほれ込んだブラット・ピットが低ギャラで出演を申し出た『スナッチ』(00)も素晴らしい出来で、映画ファンの中では「これからが楽しみな鬼才」の一人として認識される事に。
でもその後、あのマドンナと結婚してからの彼は悲惨で、、、、妻になったマドンナを起用した『スウェプト・アウェイ』(02)は散々な酷評を受け、「その年で一番最悪な映画」に贈られるラジー賞を受賞してしまう程に。
当時、ガイ・リッチーファンの間では、「早く別れてくれ」って懇願の声が挙がってましたからね(笑)

でも、2008年にマドンナと別れてからは『ロックンローラ』(08)で見事復活し、エンパイア賞英国映画賞を受賞。
この映画もロックストックやスナッチに匹敵する程、とぼけた味のある面白い映画でした。
しつこく追ってくる殺し屋のキャラとか、いかにもガイ・リッチーって感じで傑作でしたねー(笑)。


そして今回の作品。
あまりに有名な原作なので、ストーリーや舞台背景に関しての説明は割愛します。

作品への感想は前作と同じかなぁ、、、、。それなりに面白いんだけど、これって別にガイ・リッチーじゃなくても良いんじゃない?って感じがしてしまうんですよね。

また、彼のファンとしては、彼が今後こういうブロックバスター映画御用達監督になって行ってしまうんじゃないかって心配してしまう部分も。よく出来た、いかにもハリウッド映画らしい「打ち上げ花火」的な「記憶に残らない派手な娯楽映画」としては一級品の完成度だと思うけど、ガイ・リッチーらしさが少なくて残念なんですよねぇ。
ちょっと間抜けな執事とか多少は彼らしい雰囲気も有るんだけど、銃撃戦のシーンを見てると「これってマイケル・ベイ先生が監督でも良かったんじゃないの?」って思ってしまったし(笑)。

あと、モリアーティ教授の凄さが伝わって来ないのも残念でした。
彼はホームズに匹敵する知性の持ち主って設定なのに、なんだかただのマフィアのボスみたいな風にしか見えなかったし。
ホームズとワトソンの「ゲイ」を匂わせる演出も今回は若干くどかったかなぁ。前作でも批判されてた演出なんですけどね。

でも大ヒットしてるみたいだし、きっと第三弾もあるんでしょうね。
まぁそれなりに面白い作品なのでおススメでは有るんですけど、個人的にはこれを観る暇が有ったらロックストックやスナッチを観て欲しい気がします。


0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた.【『シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム』を観た感想】
  • 監督ガイ・リッチー出演ロバート・ダウニー・Jr/ジュード・ロウ感想が遅くなりましたが、前作に続き映画大好きな監督の一人であるガイ・リッチーの最新作にして、大ヒットシリーズ第二段。ガイ・リッチーを知ったのは、度の低予算で製作された彼のメジャーデビュー作『ロ?...
  • 2012.04.16 (Mon) 12:57 | まとめwoネタ速suru

You may also like

Category: 映画