MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『謙信の軍配者』

自分は戦国武将の中で上杉謙信が一番好きです。
そんな謙信公の軍配者(軍師みたいな感じ)を勤めた男が主役の『謙信の軍配者』って本の感想。


富樫倫太郎さん著作の時代小説で、『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』『謙信の軍配者』っていう三部作になってます。
三作ともそれぞれ主人公が別で、『早雲の軍配者』の主役は北条早雲に見出されて軍配者への道へ進み、北条氏綱や北条氏康の軍配者として活躍していく『風摩小太郎』が主役の話。ちなみに、主役名は誤字ではありません(笑)。
『信玄の軍配者』は武田信玄に仕えた有名な軍師・山本勘助が主役で、『謙信の軍配者』は上杉謙信に軍配者として仕える宇佐美冬之助が主人公。

山本勘助以外の主役2人は創作された完全に架空の人物で、勘助に関しても生い立ち等がかなりフィクションの物語として描かれてます。
まぁ、勘助自体が本当に実在したのかどうか諸説ある人物なので、基本的には架空の3人を主役にストーリーが展開していくフィクション青春小説って感じ。

『足利学校』という日本最古の大学で軍配者として勉強した主役3人が、それぞれに主君を見つけ戦場で対決していく…っていうのが物語の柱なんだけど、基本的な部分は史実をそのままに描いてあって、この時代の武将や合戦に興味のある自分には凄く面白かったです。

主役3人はそれぞれ魅力的だし、脇役も良い味出してて良かったです。
個人的には『鬼美濃』こと原虎胤さんには泣かされました。『信玄の軍配者』と『謙信の軍配者』のラストの虎胤さんは酷い。
あんなの、泣くに決まってます(笑)。
山本勘助もなぁ、、、奥さんとの間に子供を授かった直後に第四次川中島ですからねぇ、、、しかもそれが三部作最後の『謙信の軍配者』のラストですから、、、。
武田信玄の軍配者として活躍してた勘助が川中島で戦うのは、無二の親友である宇佐美冬之助が軍配者を務める上杉謙信なわけで。
川中島の合戦に関して有る程度知識のある方なら、「そりゃねぇよ、(涙)、」って言いたくなるストーリー展開が予想できると思います(笑)。


そして個人的には、富樫倫太郎さんの描かれる謙信像に凄く共感できたし、きっと本当にこういう人だったんだろうなぁ、、って気がしました。
世間一般の『軍神』のイメージとは少し違ってて、「短気で世間知らず。そして凶暴なまでに純粋な心を持った戦の天才」って感じ。
自分は上杉謙信ってきっとそういう子供みたいな人だったんだろうなぁって思うんですよね。
私利私欲に走って内輪もめを始める家臣たちに愛想を尽かして、国主の座を捨てて山へ行って本気で出家(坊主になる)しようとした謙信公へ対しての「日本の歴史上、こんなおかしな事を考えた男は他にはいない」っていう作中の突っ込みにも笑いました(笑)。

久しぶりに「もっとこの世界に浸っていたい」と思わせる小説で、三部作で終るのが残念なくらいでした。
続刊を出して、謙信公の最後まで描き続けて欲しいなぁ、、、。


若干、女性ファン層狙いと思える様なあざとい描写が有るのは気になるけど、でもこの時代の武将や時代小説が好きな人にはおススメです。
信オンをプレイしてる方にも(●^ω^●)

- 0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 漫画・小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。