MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

同志が居ません

たまには音楽の話を、、、。
結構音楽オタクなんですが、趣味の合う人が全く居ないのでブログでは音楽の話を滅多に書かないんですよねぇ。
ネット上なら何度か似た趣味の人と話す機会も有ったんだけど、実生活では同じ趣味の人に出会ったのはほんの2~3度。

一番趣味が合ったのは、ヤフーのトップページでライブ情報が紹介された程のバンドのベースの方。
この方はスキニー・パピーやSPKも知ってたし、キ○ガイノイズミュージックなオーブまで知ってたのでびっくり。
ちなみにこの人に「秋さんは性格までインダストリアルっすよねw」って言われました。そんなに非人間的なのか?(笑)

大好きなのが、昔は「インダストリアル系」って言われてたサウンドなんです。
インダストリアルサウンドは1970年くらいのノイバウテンあたりから始まったらしく、その後にミニストリーとかキリングジョークで「インダストリアルサウンド」として確立されたらしいです。流石にリアルタイムではないですけど(笑)、20年くらい前からこういうサウンドが大好きではまってます。
ミニストリーが約20年前に出したアルバム『Psalm 69』なんて、今聞いても強烈にカッコいいしねー。

その後、メタルよりに派生していったラムシュタインとか、ロックよりに派生していったKMFDMとかPIGが有名かな。
もっと大衆向けに派生して行ったのがマリリン・マンソンとかNINとか。
メジャーなのだとロブ・ゾンビもインダストリアルの系譜に入るだろうし、天下無敵のプロディジーも入るのかな。
精神病院で結成されたバンドであるSPKとか、ひたすら金属を叩く音で曲を作ってたテストデプトとかも好きでした。
スリップノットとかリンキンパークもインダストリアルサウンドの影響受けてる気がしますね。

ほかにも、フロント・ライン・アッセンブリーとかシュバインとか語りだすときりがないんですが、最近お気に入りなのが『Die Krupps』『Celldweller』『Clawfinger』。
Celldwelle以外はヨーロッパのグループで、CelldwelleとClawfingerは今も活動中かな?Die Kruppsは4年前に解散しちゃったみたいです。

自分と同じ趣向のレアな人は(笑)、下のPVを是非。かっこいいですヨ!
Clawfingerはロックよりで、DIE KRUPPSはボディミュージックより。
Celldwelleは頭おかしいんじゃないかってくらいカッコいいです。
DIE KRUPPSは藤井麻鬼、、じゃなくて、藤井麻輝さんが好きな方なら間違いなく痺れます。


『DIE KRUPPS』

30 seconds
http://www.youtube.com/watch?v=enk5qzXuK4I

METALMORPHOSIS
http://www.youtube.com/watch?v=KP0lSnVCswE


『Celldweller』

THE LAST FIRSTBORN
http://www.youtube.com/watch?v=B9EyKCOxPyo

I Can't Wait
http://www.youtube.com/watch?v=0kkbYuYhZBw&feature=fvwrel



『Clawfinger』

Out to get me
http://www.youtube.com/watch?v=oD2eSL9fXPE


こういうヨーロッパのバンドってCDの入手が困難なのがネックなんですよねぇ、、、。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 音楽