MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『一命』を観た感想

監督:三池崇史
出演:市川海老蔵 / 瑛太 / 役所広司


とんでもないペースで映画を撮り続けてる三池崇史監督の最新作。
正直、三池監督の作品には「当たりハズレ」の差が激しい印象が有るんですが、なかなか面白そうな雰囲気だったので劇場へ足を運んで鑑賞。


舞台は江戸時代初頭。
動乱の戦国時代が終わりつつある中、自分の仕えた家を失った侍達の中には大名屋敷で「切腹」する事を願い出る者も現れる様になっていた。
そんなある日、名門である井伊家の屋敷にも同様に切腹を申し出る者が訪れる。
彼の名は津雲半四郎(市川海老蔵)といい、井伊家の家老・斎藤勘解由(役所広司)に切腹を申し出るが、斉藤は「切腹を申し出る事で情けを買い、金銭を受け取って立ち去る」狂言切腹が横行している事を語り、自らの屋敷で狂言切腹を図った千々岩求女という若者の悲惨な末路を語り始めるが、、、。


まず、これを「時代劇初の3D作品」として撮った意味が分かりません。
監督や製作陣の希望では無く、話題作り等のスポンサーサイドの都合なのかな。


作品としてはなかなか面白かったです。
少し語り口が違うけど、この作品で語られるテーマは『最後の忠臣蔵』や『さや侍』と似てるかもしれないですね。
「侍」を通して描く、行き場所を失った者達が自身の終着場所を見定め、生き様を貫く話。
瑛太さんの熱演や、役所広司さんの貫禄十分で有りながら内面の苦悩を感じさせる繊細かつ自然な存在感は凄く良かったです。
殺陣のシーンもなかなかの迫力が有ったし、徐々に明らかになっていく真実とそこから想像できる悲しい結末は胸を打つ物が有ると思います。
戦国武将や戦国時代を扱った作品が好きな自分としては、井伊家の屋敷に飾ってある鎧を見て「おお、有名な赤備えだ」とか喜んでました(笑)。

ただ、個人的には三池監督のグロ描写が好きじゃないんですよねぇ。
演出として必要だとは思えない無駄な過剰さを感じる事が多いし、その描写方にチープさを感じる事も多い。
単純に「作り物」っぽさを感じるとかね。

そして、ひたすら暗くて救いのない話が少々辛かった。
『最後の忠臣蔵』や『さや侍』も悲しい話では有るんだけど、見終わった後の余韻の中に清々しい部分も有るんですよね。
でも、この作品にはそれが一切ないので、個人的にあまり好きになれないです。

あと、主演の市川海老蔵さんが、、、。
凄くカッコいいし熱演してると思うんだけど、演技が凄く大袈裟に感じてしまうんですよねぇ、、。
舞台関係の俳優さんが映画に出演してると同様の事をよく感じるんだけど、常に「全力で演技してる」感がしてしまう。
友人は「常に張ってる感じがして疲れる」と言ってましたが、いい表現だと思いました(笑)。

でも、市川海老蔵さんはホントにかっこよかったので、もっと単純で分かり易い「冒険活劇」って感じの作品で侍を演じる彼を見て見たいですね。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画