MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

本物の超速パンチ

おかしいです、この人。
ブルース・リーが生み出した格闘技「ジークンドー」の達人らしいんですが、、。
パンチスピードが異常に早すぎて、動画なのに動作を目で追えません。。。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=iBTM6_l-Gdk


自分は昔ボクシングをやってたんですが、高校の時に日本ランク6位のプロボクサーとスパー(試合形式の練習)をやったことあります。
その時、パンチが早すぎて見えなくて、「これ、素手なら殺されてるな」って思ったものでした(笑)。
でもテレビ等の動画で見ると、世界チャンピオンクラスの選手のパンチでもちゃんと目で追えるんですよね。


つまり。
ある程度の速度で打たれるパンチって、動画で見えてても、実際に目の前でやられたら見えないんです。


なのに、、、動画で見ても何やってるかわからないって、、、、
気が付いたら20発くらい殴られてそうですね。凄すぎる。


ちなみに。
ブルース・リーの映画って動画をコマ落としして速く見せてるのは有名な話ですが、でも実はブルース・リー本人は速度を手加減してたらしいですね。
相手役がリーのスピードに反応できないから、7~8割の速度で技を出してたらしいです。

なので、実はブルース・リー本人はとんでも無くパンチが早いらしくて、、、、。
ブルース・リーが映画のオーディションでパンチやキックを見せてる動画を見た事があるんですが、そのパンチは上記の達人より速かったです。残念ながら今はもう削除されちゃってるけど。
詳しい数値は忘れましたが、フィルムの速度から割り出したブルース・リーのパンチ速度は、初動(腕の動き始め)からヒット(腕を伸ばしきる)までが約0.13秒だったそうで、、、。

0.13秒って、世界チャンピオンクラスのボクサーのジャブ(一番速いパンチ)の4倍近い速度なんだそうで、、。
まぁ、魅せる為のパンチと実際にダメージを与える為のパンチでは全く質が違うとは言え、0.13秒のパンチなんて人間じゃ避けられないですよね。


もちろん、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」や「死亡遊戯」のDVDは所有してますし、今でも自分の中で大事な神映画です(笑)。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 雑記