MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『SUPER8』を観た感想

監督 J・J・エイブラムス
製作 スティーヴン・スピルバーグ
出演 ジョエル・コートニー

舞台は1979年のアメリカ。
オハイオに住む少年ジョーは父と2人暮らしだったが、母の死をきっかけに父との関係はどことなくぎこちない物になっていた。
そんなある日、いつもの様に友人ら5人で8ミリ映画を撮影していたジョーは、列車の脱線事故に遭遇する。
ジョーらは無事に現場から非難するが、事故現場に置き忘れてしまっていたカメラを回収するとそこには列車の貨物車から謎の物体が飛び出すところが写っていた。
そしてやがて町は謎の失踪事件が連続し、軍の特殊部隊が町にやって来るのだった、、。


ハリウッドを代表するヒットメーカーの一人になったエイブラムス監督が、尊敬するスピルバーグをプロデューサーに迎えて製作したSF大作。
しかも、スピルバーグの映画が面白かった70~80年代の彼の作品へオマージュを捧げた作りになってるという噂を聞いてたので、かなり楽しみにしてた作品。

個人的に自分も、スピルバーグの作品は7~80年代の物が好きなんですよね。
それ以降の彼の作品はどれもつまんなくて…一応全部見てるんですが、「宇宙戦争」とか「マイノリティリポート」とか、かなりガックリ来た作品のイメージしかないです。
だけど、今回はエイブラムスが「ETとグーニーズを足した様な作品」と言ってたのでかなり期待して劇場へ。
エイブラムスの「MI:3」「クローバー・フィールド」「スタートレック」等々、どれも面白い作品でしたしね。

で、実際に鑑賞した感想は、、、予想以上に面白かったです。

初めて「グーニーズ」や「スタンド・バイ・ミー」を見たとき程の感動は無いけど、でも久しぶりに見た、ノスタルジックな気分に浸れる冒険SF映画って感じでした。
良くできた映画過ぎて逆に感想を書く事が無いんですよね(笑)
7~80年代のスピルバーグ作品や、「グーニーズ」「スタンド・バイ・ミー」「ロスト・ボーイ」等の、少年達が冒険をするジュブナイル・アドベンチャーが好きな方には文句無しにおススメな作品。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画