MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『さや侍』を観た感想

監督 松本人志
出演 野見隆明/熊田聖亜


松本監督の作品は過去2作とも劇場で見てるので、今回も足を運びました。

ある出来事を境に刀を捨て、「さや」だけを持つ様になった侍「野見勘十郎」。
彼は殿の命令により「三十日の業」に挑む事になる。
それは、母の死で感情を失ってしまった若君を30日以内に「笑わせる」事を目標としており、失敗した場合は切腹しなくてはならないという刑だった。
妻を失っていた勘十郎は唯一の身内である幼い娘に「恥知らず」「切腹して下さい」と罵倒されながらも、若君を笑わせる為に奮闘するが、、。


松本監督の過去の2作品は両方とも、「映画」と言うよりは普段彼が披露しているシュールなコントを「スケールを大きくして劇場で見せているだけ」っていう感じだったんですが、今回の「さや侍」は、まず「映画」という部分が先になってる感じですね。

コントを見せる為に映画という形態を使ってみた、という感じから、映画を作る為に自分が一番得意なコントを使ってみた、、って感じに変わった様な印象。


正直言って映画としての完成度はまだまだクオリティが低いと思うし、演出や出演陣の演技など酷評されているだろう事が容易に想像つくレベルの作品という印象は否めないんだけど、でも自分は結構好きです。

元々、松本さんの描くシュールなコントが好きなので過去の2作品も結構楽しめたし、今回の作品の中のコメディ表現も素直に楽しめました。
映画としても、「さや侍」の駄目人間なりのプライドと意地の貫き方みたいな物がなかなかカッコ良かったし、主人公の娘を演じた子の演技が凄く良かったです。終盤の彼女の台詞「なんか言ってよー!」は泣けました…。

武器を取って戦う事だけが闘いじゃない。
人を笑わせる事、守る事、自分を貫く事、信じる事、愛する事、それら全てが闘いなんだ。
そんな感じのテーマを描いた、お笑いというオブラートに包まれながらも、その実は凄く熱い映画だと思います。

松本さんの次回作も楽しみ。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画