MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

K-1 WORLD GP2006 FINAL

「K-1 WORLD GP2006 ~決勝戦~」(12/2・東京ドーム)
全試合の結果↓

http://gbring.com/sokuho/result/result2006_12/1202_k-1.htm

2000年以降、「格闘バラエティ・世界怪獣大決戦」化が激しかったK-1ですけど、今回のGPは近年稀に見る良い大会でしたね。派手なKOこそ少なかったものの、見ごたえのある試合が多かったです。


まずは、アーツがカッコ良過ぎて泣けました。
あれでシュルトにホーストが勝利してればホーストvsアーツという、ホーストの引退試合としては最高のドラマになってたけどそう上手く行かないのが格闘技のシビアな所。

でも、K-1を一回目から生観戦してた自分としては、残念ながらホーストの衰えぶりには寂しくなってしまいましたねぇ。
コンビネーションの組み立てとかは流石なんだけど、動きに全くキレが無くて技術に体が付いて行って無い感じでしたね。
蹴りでバランス崩して倒れたり、相手のプレッシャーをかわせずに尻餅ついたり、苦し紛れのクリンチ多用したり、、、。
どんな偉大な選手も年齢には勝てないって現実を、改めて見せ付けられてしまった感じ。


逆にアーツはかなり復調してましたね。
上半身が物凄くビルドアップされてて、全盛期を思わせる圧力のかけ方。
腰をやってしまってからロー以外の蹴りは全く駄目になってしまったけど、今のパンチ主体のスタイルもなかなか強い。
こんなアーツに勝利し、同じ日にホースト&バンナに勝利してしまうシュルトさん、、、。
K-1ルールで今のシュルトに勝てる人間は、はたして全人類の中に何人居るんでしょうねぇ。
片手程度の気がします。
でもなぁ、バンナが全盛期の左を打てたら、、、、と思うと残念でなりません。
もう一生、左腕のプレートは外せないんだろうねぇ、、、。
バンナの何時もと変わらぬ突貫スタイルも胸を熱くしてくれました。


極真時代から好きだったグラウベもメチャクチャ強くなっててびっくり。
K-1登場時に目立ってた上半身の線の細さも消え、合わせてパンチテクニックもかなり向上。
あとは、空手からK-1に来た選手共通のクセ「防御時に亀状態になり過ぎる」所を改善すれば、シュルト以外に敵は居ないんじゃ無いかって気もします。

ああでも、大好きなセフォー優勝の可能性がどんどん下がっていく、、。
ハントが優勝した時が最大のチャンスだったのにねぇ、、。
(セフォーはハントに勝利したけど、負傷欠場した。)

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 格闘技