MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『アヒルと鴨のコインロッカー』を観た感想

監督 中村義洋
出演 濱田岳 / 瑛太 / 関めぐみ / 松田龍平
原作 伊坂幸太郎


2007年日本公開映画。
少し前に原作を読み終わったんですが、原作に存在する映像化が困難なトリックをどう表現するか興味があったので、さっそくDVDで鑑賞してみました。


主人公の椎名(濱田岳)は大学入学の為、仙台へと引っ越してくる。
そして彼が引越し先のマンションでボブ・ディランの曲を歌いながら荷物整理をしていると、隣に住んでいる男「河崎」(瑛太)が声をかけてくるのだが、「ディランの声は、神さまの声だ」と語る河崎は、椎名へひとつの計画を持ちかける。

「一緒に本屋を襲わないか?」

河崎は同じマンションに住むブータン人の留学生「ドルジ」にプレゼントする広辞苑を入手する為に本屋を襲いたいので、椎名に協力して欲しいのだと語るのだが、、、、、。



切なくて優しい空気感を持った青春群像。
原作を読んでから鑑賞したにも関わらず、何度か涙が出そうに、、、(笑)

ネタバレになってしまうので詳しくは書けないんですが、河崎が本屋を襲うに至った理由が徐々に明らかになるにつれて、河崎やドルジ、そしてドルジの恋人「琴美」達の悲しい過去と友情が切なく胸に響いてきます。
また、この作品にはひとつの大きなトリックが仕掛けてあって、その為に少しサスペンス風な味わいも有りますね。

原作の伊坂幸太郎さんがとある雑誌のインタビューで「現実からわずか数センチ浮いてる様な物語をかけば良い」と語ってたらしいですが、まさしく「現実からほんの少し離れたファンタジー」といった感じの話。


残念なのは、個人的に原作で一番好きだった松田龍平さんの演じた某人物の描写が少なくて、ただの「ちょっと正義感の強い女たらし」にしか見えない事。
同様に、原作では魅力的だったペットショップ店長の麗子(大塚寧々)の描写も薄くて、唐突に現れる意味不明な人物になってしまっているところが勿体無い感じ。

まぁこの辺りは、限られた時間枠の中での映像化には付き物の仕方の無い省略だと思うし、原作では傍観者に過ぎなかった主人公を比較的物語の中央に持ってくるアレンジの上で優先順位の低い事項だったのかもしれないですね。

でも、原作にあったレッサーパンダを盗む子供達のエピソードは入れて欲しかったなぁ、、。
あれが「奇跡」の象徴であり、ドルジの心の救いの象徴でもあったと感じたので。
また、原作に無かった部分をいくつか描いてあり、その中には映像ならではの部分(琴美が逃げた犬を見てわずかに微笑するシーン)もあって良かったんだけど、演出力がいまひとつな印象が否めないかなぁ、、。
ペット殺しの犯人達とのやりとりはもっと緊迫感のある演出で描いて欲しかったし、全体的にライティングがイマイチな気もしました。

だけど、冒頭でも述べた様に、この作品の持つ切なくて優しい空気感は凄く好きです。
この作品はレンタルDVDで観たんだけど、セル版のDVDを購入する決意をしましたから(笑)。



余談。
以前、金城武さん主演の『死神の精度』を観て、その原作者である伊坂幸太郎さんの作品を読み始めたんですが、今のところ『フィッシュストーリー』『ラッシュライフ』『重力ピエロ』『アヒルと鴨のコインロッカー』を読み終えました。
ひとまず、その中では『アヒルと鴨のコインロッカー』が一番好き。
その次は、『フィッシュストーリー』の中の短編のひとつ『ポテチ』かなぁ。ラストで号泣しました(笑)。
ポテチで描かれる「今村」が良い味だし過ぎてるんですよねぇ。映像化して欲しい作品。

『ラッシュライフ』『重力ピエロ』『フィッシュストーリー』に登場する「黒澤」も大好きなキャラクター。
今後、伊坂幸太郎さんの小説は全部読むつもりですが、黒澤と出会うのが楽しみです。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画