MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

NASAが選んだベストSF映画

あのNASAが選んだ「有り得ないSF映画」と「現実的なSF映画」のリストらしいです。

■“ありえない映画”ワースト7作品
1.「2012」(09)
2.「ザ・コア」(03)
3.「アルマゲドン」(98)
4.「ボルケーノ」(97)
5.「チェーン・リアクション」(96)
6.「シックス・デイ」(00)
7.「What the #$*! Do We (K)now!?(原題)」(未)

■“現実的な映画”ベスト7作品
1.「ガタカ」(98)
2.「コンタクト」(97)
3.「メトロポリス」(29)
4.「地球の静止する日」(52)
5.「Woman in the Moon(原題)」(未)
6.「遊星よりの物体X」(52)
7.「ジュラシック・パーク」(93)

http://www.hollywood-ch.com/news/11010606.html?cut_page=1


日本語表記のタイトルに関しては、ベストもワーストも全て鑑賞していますが、、、。
まぁ、NASA的には「恐ろしい災害で地球が大変な事に!」系の映画はとりあえず否定してみたって感じなんでしょうけど、でも単純に「面白いSF映画」と「つまんないSF映画」のリストになってる気もしますね(笑)。

「地球の静止する日」が「現実的」な方の4位に入ってるのは、ちょっとどうかと思うけどなぁ、、。
「ボルケーノ」は意外と面白いパニック映画だったのに不評なんですね。
パニック系SF映画なら、エメリッヒの「デイ・アフター・トゥモロー」が好き。
同監督の「2012」はちょっとアレでしたが、、、、。


ちなみに自分の中では、、、
60年代のSF映画ベストは「2001年宇宙の旅」。
70年代なら 「エイリアン」。
80年代は良いSFが多くて悩むけど、でもやっぱり「ブレードランナー」と「未来世紀ブラジル」。
90年代なら、「ガタカ」と「コンタクト」。

、、と昔から言い続けて来てたので、「現実的な」の方でガタカとコンタクトが1&2位に選ばれてるのはちょっと嬉しい感じ。
00年代なら、「月に囚われた男」と「第9地区」かな~。

80年代は「ターミネーター」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「遊星からの物体X」ete、面白いSF映画が多いですよね。
「ヒドゥン」も良かったし、挙げていくときりが無いくらい。

でもここ10年くらいは視覚的に物凄いSFは増えてても、心から面白いと感じるSF映画がどんどん減ってる気がするのは残念。

4 Comments

五十嵐萌  

ヒドゥン

まぁ、懐かしいですね~。
カイル マクラクランがグラスに錠剤を落としてるシーンが何故か思い出されますが(笑)
ノリウツリ的な無さそうでありそうなお話、最初はハードで怖かったですが最後はジーンときました。
SFよりオカルト好きな五十嵐が珍しく食いついたSF映画がヒドゥンでした!

2011/01/07 (Fri) 17:00 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

カイル・マクラクランの名前が出てくるって事は、萌さんも結構映画オタクですね?(笑)
あのハードな展開で最後には泣かされるっていう、なかなか良い映画でしたよね。

オカルト系が好きなんですね。
それだと最近は、「マシニスト」と「メメント」が抜群に良かったです。
既にご覧になってるかもしれませんが、まだなら是非(●^ω^●)

2011/01/08 (Sat) 02:16 | EDIT | REPLY |   

五十嵐萌  

どちらも観ていないです。ありがとうございますw
最近はまっていたのが「アザーズ」、古いものだと「ディ アザー」
「リーインカーネーション」など、見えないけれどあるのかも系の作品に、萌えますw

2011/01/08 (Sat) 14:51 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

んー、、残念ながら萌さんの挙げてる映画は全部見て無いです。
「リーインカーネーション」は聞いた事あるなぁ、、、。
ホラーなのかな?

実はホラーが結構苦手だったりします。
特に日本のホラーなんて、お金をくれてもみません(笑)

2011/01/14 (Fri) 02:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 映画