MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『クワイエットルームにようこそ』を見た感想

監督 松尾スズキ
出演 内田有紀 / 宮藤官九郎 / 蒼井優 / 妻夫木聡


2007年公開の邦画。

当時劇場で予告編を見てちょっと気になってたんだけどタイトルを忘れてしまい、そのまま未見のままだった作品。
ところが先日、レンタル店で何気なく邦画の棚を眺めてたら偶然発見したので借りてみました。


フリーライターをしている佐倉明日香(内田有紀)は、とある事が原因で睡眠薬を過剰摂取してしまい昏睡状態に陥る。
昏睡状態から目が覚めた彼女が居たのは精神科の女子閉鎖病棟の個室だった。
そして何故か彼女は拘束具で体を固定されており、即時の退院は無理だと看護師から告げられる。
原稿の締め切りが迫っていた明日香は、一刻も早く退院すべく看護師や担当医に自分は精神科に入院する必要は無いと力説するのだが、、、。

この作品で描かれる閉鎖病棟って、やっぱり現実世界の縮図なんでしょうね。
主人公である明日香は閉鎖病棟の色々な患者の中で自分だけは「まとも」だと主張するんだけど、患者達との触れ合いの中で自身の異常さを自覚して行く。
そして、実は現実逃避の為の自傷行為を繰り返していたに過ぎない自身と向き合う事になり、孤独の底に居ながらそれを誤魔化して生きてきていた自分に嫌悪する。
そんな明日香が徐々に再生していく様を描いたお話。


正直に言って主演の内田有紀さんの演技はイマイチだし、脚本や演出のクオリティもいまひとつ。
特に脚本がおしい。もう少し練りこんで見せ方を考えれば、もっと良い作品に成り得たと思います。
だけど、なかなか良い作品でした。
自分は好きです。

序盤はコメディ色が前面に出てるんだけど、主人公の記憶の中の空白が少しづつ明らかになって行くにつれシリアスな展開になって行き、終盤は結構泣かされてしまうんですよねぇ。
コメディとシリアスのバランスが程よい感じで、普遍的かつ重いテーマを過剰な「泣かせ」演出で描いていない所が好き。
ただ、この作品での閉鎖病棟と精神病患者の描写には、不快感を持つ人も居るんじゃないかなぁ、、。
自分は映画にリアリティが必要不可欠な物だとは思わないし、この作品の中の患者は現実社会の中に居る色々なタイプの人間を強調して描いた一種の記号だと思うので、差別表現だとは感じないんですけどね。

キャストでは、蒼井優ちゃんが「馬鹿ですか!」って言いたくなるくらい可愛いかったです(笑)。
彼女のいつものイメージとは正反対の病的で妖艶な感じのキャラを演じてるんだけど、なかなかの存在感でした。
こういう役も似合うのは凄いと思う。


語り口は違うけど、『パコと魔法の絵本』と似たテーマの作品かもしれないですね。
万人に薦められる作品では無いけど、興味を持たれた方は是非。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画