MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『イングロリアス・バスターズ』を見た感想

大好きな監督の一人であるタランティーノの最新作『イングロリアス・バスターズ』を見てきました。


詳しい感想はまた後日にでもと思ってるんですが、簡単にまとめると「タランティーノもついに枯れちゃったのかなぁ、、、」って印象でした。

映画としての完成度は過去の彼の作品の中でも一番だと思います。
細かい部分が丁寧に作られていて、ごく普通に完成度の高い娯楽作品って感じ。

でもなぁ、彼自身の過去の作品の焼き直しでしか無い様な印象を受けてしまうんですよね。

貴人的には、今でも彼の作分の中では『パルプフィクション』が一番面白いと思うし、完成度の高い作品では無く、『レザボアドックス』みたいな馬鹿で泥臭くて最高にパワフルな作品を撮って欲しい。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画