MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

迂闊術士衆・四天舞女・投石足軽兵

信長の野望オンラインの話。

今さらですが、『伊勢路の戦い』に行って来ました。
「不味い&マゾい」と散々な評判ですが、個人的にはそう悪くないって印象。

初日は身内だけで適当な編成の徒党を組んで行って検分のポイントが2500くらいで辞めましたが、本気で雑魚殲滅徒党を組んで行けばかなり稼げるんじゃないかなぁ。

ブログを見て回ってると、効率重視の徒党を組めば2丹かからないくらいで検分が5000溜まって経験1億5000万・戦闘熟練280万・武功150、もらえるって報告もありましたし。
それを稼ぐまでに倒したNPCからもらえる経験(7~8000万くらいみたい)&習得も合わせて考えるとかなり美味しいと思うんですが、やたらと「不味い」って意見を目にするのが不思議。

まぁ、クリアを目指すとかなりマゾくてやってられないっていうのは同感です(笑)。

でも、瓦の延長の感覚でちょっと経験&覚醒を稼ぎに行くのには良いんじゃないかな~。
黄色ネームのNPCは変わった編成&アルゴリズムで面白いし。
あとは、もっと手軽に武将と戦闘できる様にすれば、悪くないコンテンツになると思いました。


実際に戦った黄色ネームNPCは『迂闊術士衆』『四天舞女』『投石足軽兵』。
後で知ったんですが、黄色ネームNPCを倒すと検分ポイントが一気に100も上がるそうです。


伊勢1
迂闊術士衆は1が神主、2~7が陰陽で、開幕から全員、術の準備に入って来ます。
徒党に忍法や鉄砲が居れば開幕から乱射で楽勝ですが、両方居ない徒党だと結構厳しいかもしれないですね。


伊勢2
四天舞女は開幕に4属性(全四象)を最大にする特殊技能を使い、術で押してきます。
3と5の陰陽が脅威で、特に3の陰陽が星振法から準備無しの術を打ってくるのが恐ろしいです。
戦闘に入る前にしっかり打ち合わせして開幕の術止めの順番を決めておくか、孔雀や減殺等の術ダメージ軽減が必須な感じ。


伊勢3
投石足軽兵は個人的に一番面白かった黄色ネームNPC。
開幕に『追い風・参』をやった後、『一点突破』でターゲットを決め、全員で石を投げて来ます。
この投石がまた痛くて、追い風が切れても盾職に6~800のダメージを与えます。
「どんな石だよ!」って皆で突っ込んで笑ってました(笑)。
朧や幻化で物理命中率を下げれば楽勝かな。あとは徒党に2~3人忍法を入れるか。
それらが無いと旗に一点突破されてあっという間に終わらされてしまう可能性も(笑)



あと、この仕様って信長のサービス開始当初の合戦を思い出しますよね。
当時は武将なんてやらずに延々と雑魚NPCを狩るのが主体でしたから。
武将を狩ると「牧場を提供するな!」って怒られてましたし、、、(笑)。懐かしい。

ゆくゆくは通常の合戦も今回の伊勢路の戦いの様に通常フィールド上で行う様にしていくつもりなのかな?
これってサービス開始当初からユーザーの間で出てた希望ですしね。
通常フィールドで合戦し、各マップの町が旧来の戦場の本陣扱いだったら面白そう。

12月に予定されてる大規模なアップデートでこの辺りにも修正入ると良いのになぁ~。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 雑記