MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

凶術&凶乱射

信長の野望オンラインの話。


うちの神典、凶狩りだといつも乱射徒党だったんですが、先日は初めて術徒党に誘って頂いて凶術を初体験しました。
対話もらった時、「修羅装備無いですけど大丈夫ですか?」と、恐る恐る聞いてみた脳筋神典62歳(笑)。


狩りでは最速で光雨・弐を入力し、戦闘後は与生気してるだけだったんですが、結構戸惑いましたねぇ。

まずは当たり前ですが、ルートが違うので道が分からない(笑)。
また、戦闘後の与生気のタイミングが微妙ですよねぇ、、、慣れてないだけだとは思うんですが。
乱射徒党なら戦闘後は何も考えずに最速で与生気をするだけで、あとは能楽さんとかぶらない様に与生気の順番を考えるだけでした。
でも、術徒党だと回復職の方が完全全体をやりますよね。
その後で回復職の方に与生気をすれば良いんですが、回復職の方の完全全体が遅れるとついつい与生気をしてしまって完全とかぶり、余計な気合を使ってしまうという、、、。
その待ち時間の程度を測るのが難しい。
回復職さんと譲り合う事になってしまって回復や与生気が遅くなると、盾職の方が治身を飲みだしてしまって申し訳ないし、、、。

あと、被弾した味方の人数が何人以上から完全全体をやり、何人以下なら与生気で済ませるのか、とか。
そのあたりは事前に話し合っておけば良いんでしょうが、ちょっと気疲れしてしまった感じです。

結果は3週だったのかな。
こういう狩りの時、基本的に自分は数字を見ない人なのでどれくらい美味しい狩りだったのは分かりませんが、結構ずっと雑談をしてる徒党だったので眠くならずに済んでよかったです。
たぶん、自分以外の方は皆さん身内だったらしく最初はその会話に混じってるだけだったんですが、途中から自分と鍛治さんの2人でずっと話してました(笑)。
「ぽにょはアメリカでも大好評だったみたい」とか、、、(笑)。


色々と不慣れだったので、迷惑かけて無かったら良いんだけど、、、と少し心配してたチキンな脳筋神典ですが、後日、希望を出して無かったにも関わらず同じ党首さんが凶術に誘って下さったので少し安心しました。
凶乱射デビューの時と同じチキンな心境(笑)。

次は暗殺で凶物理に行ってみたいな~。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 雑記