MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信オン・使用キャラ紹介

ひよこ16jpg.jpgこばと
毒jpgつばめtyabo.jpg





ついでにキャラ紹介。
アカウントとキャラの並びは上から下へ行く程、新しい物です。

アカウント・1
十六夜吼   陰陽道・60
剣流星    武芸・60
湯の花ひよこ 神典・61
湯の花あひる 忍法・60

アカウント・2
湯の花つばめ 仏門・56
榊秋桜久   能楽・60
湯の花こがも 術忍・60
湯の花こばと 刀鍛冶・60

アカウント・3
湯の花すずめ 暗殺・60
毒島獣太   武士・60
九門鳳介   殺陣・56
湯の花ちゃぼ 鉄砲・46

アカウント・4
湯の花ひめう 密教(予定)
雷電仏像   薬師(特化未定)




以上です。
昨年の信長日記に出て来る「榊秋桜久」(雅楽51)は消しました。
あと、刀鍛冶の「雷電仏像」も炉の炭となりました(笑)。

そして同じ「榊秋桜久」の名前で能楽を作り、雷電仏像は薬師として転生。両者共、性別も転換(笑)。
3番目に古いキャラだった「十六夜眠兎」(神通)も消しました。同じ名前で僧兵作ろうかなぁ、、、と考え中。

「湯の花」姓のキャラが多いですが、同じサーバーで信長をやってる友人5人も同じ「湯の花」姓でキャラを作ってるので、もう、春日山は「湯の花」だらけ(笑)。

キャラが多いけど、色々な職をやってると結構「実際に動かしてみないと分からない」部分が多くて、しかもそれが他の職業との連携にも関わって来るので色々な職業をやってみたくなっちゃうんですよね。

例えば、武士を動かしてみて初めて忍者の動きの意味が良く分かる様になったし、同時に「忍者にこういう動きをされると武士は困る」みたいな事も色々と分かったし、それはそのまま自分が忍者を動かすときに武士に対しても感じることで、そういう連携が必要な職業間の様々な動きの勉強になるんですよね。
強めのボス戦で怒号を繰り返す刀鍛冶が相方だと、武士は物凄く困るんだなぁ、、、とか(笑)


ちなみに、6年程前に「信長の野望オンライン」を始めた時は陰陽の「十六夜吼」がメインでした。
その後一度引退して、2年半ぶりに復帰した後もずっと「十六夜吼」がメインだったんですが、武士をやるとこれが面白くて…。
しばらく武士ばかりをやってて、その後に神典を始めて終了しました(笑)。

神典、面白過ぎ。
個人的には他の職よりダントツに面白いです。
同時に、矛を志すと有り得ないくらいマゾいですが。

今ではすっかり神典の「湯の花ひよこ」がメインです。
もちろん、茨の道である「弓アタッカー」目指してます(笑)。サポだけで満足なら雅楽を消してませんから。
思うに自分、ゲームに関しては結構マゾなのかもしれません(笑)

陰陽も特化が導入された当時は「陰陽道をやるのは馬鹿かマゾだけ」って言われる程に辛い職業だったし。
それが今は強いんですよねぇ。
自分でやってても強いなぁ、、、と思うし、やっぱり最初に作ったキャラなので思い入れも一番強いキャラです。
「十六夜吼」でサーバーの一回目の合戦から毎日参加してたので、上杉の最古参の人達の知り合いも多いし。
(自分と同じくらいの上杉の古参さんは、もうほんの数人しか残ってないっぽいですが…。)

だけど、陰陽道って(今の仕様では)スキルをほとんど要求されないんですよね。
求められるのは「固定砲台としてのスペック」のみ。
それでも昔はまだヘイト管理等で多少はスキルと知識が必要だったんですが、今の仕様ではほとんど必要無いですし…。
ぶっちゃけ、動かしてて楽しくないんですよねぇ。

それに比べて盾侍や忍者・武芸はバー読みや動きの連携も必要で楽しいんですよね。
そういうスキルがあまり必要とされない回復職は、ボス戦では「徒党に死者を出さず、さらに自分は決して死んではいけない」っていう緊張感があるし、状況を判断しての回復術の使い方もなかなかに難しくて面白いです。
でも、個人的に今の仕様(ボス戦で)で、動かしてて一番面白く無く感じるのが陰陽道と鍛冶。

盾職のタゲ固定能力が高く成り過ぎて、今の信長にはヘイト管理っていう概念がほとんど必要無いのは少し残念ですね。


話を戻しますが…神典、楽しいですよ。
「神降」と各種攻撃技能を覚醒させると、「神降」しておいてからの「光矢」で普通に4000~5000以上のダメージ出ますし、能楽と2アカで瓦に参加してる時は「追い風・参」に乗せた「三貴神謝儀」で3体相手に2000~2500ダメージとか出せて気分爽快です(笑)。
月弓+奥義で8000以上のダメージ出る事も多いですし。
武芸や暗殺で大ダメージ出せてる時とは、カタルシスが違うんです(笑)。

神職としての仕事をやりつつ、隙を見て弓でアタック!って感じが楽しいんですよねー。
矢の値段をなんとかしてもらわないと破産しますが…(笑)



こつこつ成長させて、6月には上覧(個人戦)初参加したいなぁ…と企み中。

- 0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。