MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベオウルフ/呪われし勇者」

監督 ロバート・ゼメキス
出演 レイ・ウィンストン / アンジェリーナ・ジョリー / アンソニー・ホプキンス / クリスピン・グローバー


劇場で「ベオウルフ/呪われし勇者」を見てきました。
監督はSF史に残る名作の一つ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス。
彼が監督したジョディ・フォスター主演の「コンタクト」も大好きな作品ですし、ルーカスのインディジョーンズよりもゼメキスの「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」の方が好きで、自分はかなり好きな監督の一人。
去年か一昨年、わざわざ劇場で「モンスター・ハウス」なんてちょっとアレな作品も見ましたからね(笑)。
アカデミーを受賞しちゃったフォ?Dストガンプはもっとアレでしたけど、、。


原作は「指輪物語」のトールキンが愛した英語最古の叙事詩だそうで、何度か同名の映画が作られてる様ですね。
自分が見たのでは「ハイランダー」のクリストファー・ランバート主演の同タイトル作品でした。
B級テイスト炸裂な作品で(笑)、自分はなかなか好きな作品。


まず驚いたのはその映像表現。
CGで描かれた人物達は顔の皺や表情の動きだけで無く、微細な産毛まで表現されてて物凄いリアリティ。
特にアップの時の描写の凄さは一見の価値があると思います。
ただやっぱり、人間の表情の筋肉と皮膚の動きの連動って複雑なんだろうなぁ、、、と再確認されもしましたね。
静止してるとまるで実物にしか見えないけど、表情を作るとやはり微妙な違和感が出るんですよね。

特に笑顔。

多くの場面でCGか実写か区別が付かないんだけど、笑顔になった瞬間にCGだと分かってしまいます。
口元と目だけが「笑った」表現になっても、人間の笑顔は表現できないんですよね。
だから整形を繰り返してる俳優やアイドルの笑顔って、どことなく気持ち悪いんでしょうねぇ…。


ストーリーは古い物だけあって、なかなかモッタリとしてましたね(笑)。
今よりも遥かに「神」や超自然的な存在に憧憬と畏怖の念のあった時代に描かれた事がヒシヒシと伝わってくる展開。
特に中盤から終盤にかけての展開は、近年の爽快能天気ヒーローアクションに慣れてしまった現代人にはちょっとダレてしまう物が、、(笑)。

でも、映画としては流石に腐ってもロバート・ゼメキス。
迫力満点のアクション演出で充分に楽しめるファンタジームービーに仕上がってると思います。
ヒロイック・ファンタジーが好きな方には普通にオススメ。


余談。
鑑賞前にキャストを見て気になってた クリスピン・グローバーが結局最後までどこに出てたのか分からないで居たんですけど、エンドクレジットを見て判明。
またそういう役かよ(笑)。
「チャーリーズ・エンジェル」でも似た雰囲気だったし、彼はすっかり異常者役が板に付いて来ましたね(笑)。
ちなみに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で主人公の父を演じえてた俳優さんです。
決してメジャーな役者じゃないのに、今でも起用してるゼメキスに好感。

- 2 Comments

哀生龍  

>クリストファー・ランバート主演の~B級テイスト炸裂な作品
哀生龍も好きです♪
良いですよネェ~ B級臭さが(笑)
ジェラルド・バトラーのは幾分正統派なつくりで、それはそれでまた好きなんですが・・・

>笑顔になった瞬間にCGだと分かってしまいます
いかにも“人工的”ですよね。
あと、アクションシーンの動きのアニメチックな感じも。
でも、「ファンタジーだから」と何となく許してしまいました。

ベオウルフとウィグラーフのちょっと素っ気無いぐらいの関係が、哀生龍は結構気に入ってしまったのですが、秋さんは如何でしたか?

2007/12/09 (Sun) 22:10 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

ジェラルド・バトラーの方はまだ見てないんですよねぇ。
もうDVD化されてるのかな?後でチェックしてみます。
C・ランバートのは、微妙にハイランダーの匂いがするので、そこが余計に良かったり、、、(笑)。

そうそう、動きもアニメチックでしたよね。
噂によるとジェームス・キャメロンも現在同じ手法で撮影中だそうですが、、、、あの辺りの大物監督はもう富も名声も充分に手にしたので、趣味に走ってるのかもしれないですね(笑)。


 >ベオウルフとウィグラーフのちょっと素っ気無いぐらいの関係が

この辺りの趣味、本当に自分と哀生龍 さんは近いなぁ、、と思います(笑)。
あの距離感が良いですよね。
べったりとした友情表現はしないけど、かけがえ無い相棒として信頼してるというか、、、。

少し残念なのはラストでした。
あそこで連綿と続く呪いを断ち切ってくれたら最高にかっこ良かったんですけど、、、、それだとカッコ良すぎだったのかな(笑)。

2007/12/13 (Thu) 08:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。