MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-1ソウル大会結果・感想

「K-1 WORD GP2007 IN SEOUL FINAL16」 大会結果。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070930-00000003-spnavi-fight

雑感。

シュルトさん、相変わらず強過ぎ。
リーチの有る選手のセオリー通りの戦い方してるんだけど、空手出身なのでロー耐性が強くて下から崩せないし、正拳じみたジャブが嫌過ぎ。
並みの選手のストレートだもんなぁ、、。
K-1ルールでシュルトさんに勝利するのは全盛期のアーツを倒すより難しいのでは。

澤屋敷はまだまだ世界レベルでは無いと思うけど、やっぱりフックが素晴らしい。
ヘビー級の選手であれだけ予備動作が小さくコンパクトな振りのフックを打てる選手はあまり居ない。
ジャブやストレートも凄く綺麗だし、ボクシング経験者としては見てて嬉しくなる選手。
あれでMAXのマサトばりにコンパクトなアッパーも打てれば相当強くなれそうですね。あとは全体のバランスとコンビネーションかな。


ジェロム・レ・バンナはやっと黄金の左腕からボルトが取れたそうで。
良かった良かった。
でも相手が素人だったのでどれぐらい復調してるのか分からなかった。
とりあえず、最近の中では一番身体が出来てましたね。
前回の試合とか、肩の筋肉がかなり落ちてたからねぇ。
一時期、映画の撮影で忙しかったみたいだけど、やっと練習できる環境になったのかな。最後の右フックは対戦相手の首が取れたかと思った(笑)。


アーツの好調ぶりは本当に凄い。
全盛期を思わせる圧力だよね。
蹴りが衰えたのをカバーする為にウェイトアップしてパンチ主体の戦法に切り替えたのが成功してる感じ。
形にはまればシュルトさんを倒せそう。


最近は「黒い武蔵」との異名を誇ってたレミー・ボンヤスキーが久しぶりにアグレッシブでしたね。
ダニ川が「レミー良いですね。珍しい。」とか言ってて笑った(笑)。


グラウベと対戦したハリッド・ディ・ファウストがカッコ良くて痺れた。
それにしてもK-1ってオープンブローに甘いよね。
ラビットパンチでしかもオープンブローになってる事が凄く多い。
レフリー、ちゃんと注意しようよ、、、。


そしてコリアン-1の本領発揮。
なんだよ、あれ。
金的蹴ってダウンを奪い、それが原因で判定勝利かよ。
流石、ワールドカップでもWBCでも極悪な反則と猿並なマナーのオンパレードだった国ですねぇ。
自国民を勝利させる為なら何でも有り。

しかもダニ川曰く「シュルトがやった戦法と全く同じ」だって。
おいおい、シュルトさんは金的なんて蹴ってませんから。
近づこうとすると金的蹴られるんだもん、そりゃマイティ・モーは中に入れないでしょ。
最悪。

- 2 Comments

Akahana  

「パク・ヨンスがやった戦法とまったく同じですね。」

2007/10/02 (Tue) 07:52 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

うむ。
人気の違いで、パクは反則取られたけどな(笑)

2007/10/02 (Tue) 13:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 格闘技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。