MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

「UFC76」結果&感想

「UFC76」結果↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000027-spnavi-fight

個人的に注目の試合は3つ。

PRIDEミドル級のトップ選手の一人だったショーグンのデビュー戦。
「マウリシオ・ショーグンvsフォレスト・グリフィン」

「神の階級」ウェルター級の時期コンテンダー同士の対戦。
「ジョン・フィッチvsディエゴ・サンチェス」

高塩分ファイターながら実はかなりの実力者同士の対決。
「中村和裕vsLYOTO」



ひとまずショーグンvsグリフィンの感想。

まさかショーグンが負けるとはね、、、でも自分は数年前から言ってる様にショーグンは過大評価され過ぎてるファイターだと思ってたので特にショックでも無いです。
(もちろん弱くは無いですけど)
スタンドでもグラウンドでも動きのある面白い試合だったけど、ルール云々は別にして完全に実力での完敗ですよね。
スタンドからグラウンドへの移行の動きの中でも良いポジショニングをさせてもらえず亀になる場面が多かったし、下からオモプラッタ極めかけられてチョークでタップではねぇ、、。

そして彼も明らかに体が、、、、。
動きは良かったけど明らかにPRIDE時代より体が出来てない。
アメリカで試合をすると体がしぼむシウバやパウロ・フィリオ、、。
PRIDEはステロイド天国って言われてたのが、どんどん真実味を帯びてきますよね。

余談ですが、自分はPRIDEミドルならアローナが一番強いと思ってました。
選手としては嫌いなんだけどね、、、でも奴は強いですよねぇ。
ショーグン戦とランペイジ戦はアクシデント色が強かったし、ソクジュ戦は宇宙パワー相手だから仕方ない(笑)。
アローナをUFCに登場させないのは、ダナって良く判ってるよなぁ、、、とか思います。
昔、アメリカの某MMAサイトでUFCのファン達が一番見たくないシーンとして語った意見の中で一番多かったのが、「リデルがアローナに塩漬けにされてボロ負けする姿」だったらしいし(笑)。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 格闘技