MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

出演 ダニエル・ラドクリフ / ルパート・グリント / エマ・ワトソン
監督 デヴィッド・イェーツ


有名な世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズを映画化した大人気シリーズ第5作目。
自分は一作目を劇場で観て以降ずっと同シリーズを観てなかったのですけど、友人の趣味で数年ぶりにハリポタを見ることに。
でも自分も、「1作目は子供向けだったけど、徐々に内容が濃くなって来てて今回は完全に大人向けのしっかりした映画になってる」という評判を聞いてたので多少気になっていた事もあって、劇場へ行ってきました。


闇の王的な存在のヴォルデモートを倒すために、秘密の魔法使い集団の「不死鳥の騎士団」と共にハリーが奮闘する話。


あれですね、一作目を見たとき正直言って物凄く面白くなくて「子供だまし過ぎ。もうこのシリーズを観ることはもう一生無い」と思ったんだけど、今回の作品は評判通り大人の鑑賞に耐え得る作品になってますね。
って言うか、子供には難し過ぎる内容では?
ハリーの心に巣食おうとする闇の部分と、それに対するハリーの苦悩を比較的丁寧に描いていて、その周辺を大人達の堅実な演技がしっかり固めてる感じ。
ヘレナ・ボナム・カーターの魔女姿が似合い過ぎてて笑ったけど(笑)。
あと、変人扱いされてる女の子が物凄く可愛かった。普通の役をすれば凄い美少女ですよね。
スネイプ先生役のアラン・リックマンは相変わらず良い味出してましたし、ゲイリー・オールドマンも流石の安定感。
そして、嫌味な女教師アンブリッジを演じたイメルダ・スタウントンが上手い。
観てると本当に「このク○ババァ、、」って気がしてくるもの(笑)。


シリーズを観てないのでストーリー面に対して偉そうな事を言えないので割愛するとして、演出面では魔法の表現がちょっと安っぽいかなぁ、、と。
校長の火の鳥はカッコ良かったけど、花火みたいな魔法攻撃の表現がちょっとダサい。
映画としてのカタルシスと物語に引き込む力の弱さも感じたけど、その辺りは自分がシリーズ観てないからなのかな?


シリーズはあと2作で終わりだそうですが、スターウォーズ新3部作みたいな流れになりそうな気も。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画