MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デス・トランス」

監督 下村勇二
出演 坂口拓 / 須賀貴匡 / 剣太郎セガール


2006年劇場公開の邦画。
大好きな北村監督のブレイク作品「VERSUS」でアクション監督を務めた下村勇二さんが監督をし、同作で主演をしていた坂口拓さんが主演の「格闘アクション時代劇ファンタジー」。

このコンビの作品で、しかも公開前に観た予告編が凄く良かったので楽しみにしてたんだけど、単館上映で上映場所や仕事のスケジュールの関係で劇場へ行けなかった作品。
スペシャル版のDVDを購入してあったんですが、今日やっと鑑賞しました。



舞台は日本の戦国時代に良く似た戦乱の世。
ある日、東願寺が守り続けてきた「棺」を一人の男が奪い去る。
その棺は「願いを何でも叶える」と噂されていた為、様々な無法者達が棺を狙って動き出すが、しかし、実は棺の中に収められていた物は、、、、。


まぁ、「VERSUS」と同じく話や設定はどうでも良くて(笑)、カッコ良いアクションを楽しむ映画。
下村勇二さんは「VERSUS」のアクション監督の後、あの大作「SHINOBI」のアクション監督も務めてたそうで、、、。
どうりで(笑)。
「SHINOBI」は友人には酷評されてたけど、自分は好きなんですよね。
下村勇二さんがアクション監督をやってたと聞いて、自分が「SHINOBI」に結構好感持ってた理由が判明しました(笑)。

今回の作品では「リアルヒッティング・アクション」を売りにしてるそうです。
文字通り、実際に打撃を当てるアクション演出。
作品を観ると、実際にボクシングや中国拳法を習ってた主演の坂口拓さんがバシバシとパンチや前蹴り入れてます(笑)。
やられ役の人達、大変だっただろうなぁ、、、。

そんなワケでアクションは流石の迫力なんだけど、「リアルヒッティング」にする必要があったかどうかは疑問。
本当に当てても「全力で当てる」ワケには行かないので、当然加減して当てるわけですよね。
つまり結局は「全力で当ててる」ように見せる演出が必要になるんだし、それなら最初から「本当に当てる」必要無いんじゃないかと、、、。

あと、本当に当てるアクションでは「マッハ!!!!!!!!」「トムヤムクン」の迫力には到底及ばないし、、、。


でも、刀と銃を肉体格闘に混ぜたアクションは素直にカッコ良かったです。
終盤20分くらいからは画面から目が離せません。
特に、あの武器の本当の姿が露になって坂口さんが黒い奴らを倒しまくるシーンはカッコよかった。
ちょっと「リベリオン」のガン・カタ入ってましたけど(笑)。
そして、、、終盤のマウントの攻防まで織り込んだ戦いの描写には坂口さんの拘りが見えて面白かった。
自分みたいな格闘技オタクならニヤっとしてしまう。

個人的に一番ウケたのは、坂口さんの台詞。

「お前の話は長いんだよ」

おいおいおいおいおい(笑)。
「VERSUS」ファンなら確実に笑える台詞。


その他、演出面に関しても下村勇二さんが大作「SHINOBI」を経てきてるせいか、凄く洗練されてて低予算映画特有の野暮ったさが少ないです。
「VERSUS」には有ったグロ描写も無いし、「VERSUS」の北村龍平監督に比べると全ての面で洗練されたスマートさを感じます。
ただ、そのせいか問答無用の迫力は「VERSUS」に及ばない感じ。
「デス・トランス」はクールな印象の代わりに、「VERSUS」には有った製作者の情念みたいな物を感じられないと言うか。


俳優さんですが、坂口さんは相変わらず。カッコいいです。
この方、歳とらないですよねぇ。体重は結構増減してますが(笑)。
須賀貴匡さんも凄く良かったです。オダギリ・ジョーさんを少しソフトにした様な雰囲気で、今後幅広く活躍出来そう。
沈黙のB級アクション王スティーブン・セガールの息子、剣太郎セガールさんは演技は正直酷かったですが、独特な雰囲気のある方で上手く成長の機会を掴めば面白い俳優さんになりそうですね。



そんな感じで。
誰にでも安心して勧められる完成度の高い娯楽作品ではありませんが、「VERSUS」等の一連の北村監督作品や「SHINOBI」が好きな方にはオススメ。
自分はかなり好きな作品です。「VERSUS」には劣るけど(^ω^)

- 2 Comments

にゆ  

はじめまして。下村さんの話題でしたのでお邪魔しました
私もデストラ大好きです もう何回観たことやら…
女性にもウケるように創られたこの作品…
だから私もまんまとはまってしまったんだと思います(笑)
VERSUSとはまた違うちょっとコメディ入った感じが観やすかった
のかもしれません。そして観終わった後のあの爽快感♪
ちょっと2にも期待したんですがこの終わりでいいんでしょうね
VERSUSもまた全然違う話でなら2もいいですねぇ~

2007/08/16 (Thu) 02:48 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

はじめまして。

確かに何回見ても楽しめる作品ですよね(^ω^)
アクション映画だけど見せ方が綺麗で流血シーンすら耽美に見せる演出をしてるし、しかも役者は皆カッコいいし(笑)。

自分もあの終わり方は好きです。爽快感がありますよね。
北村監督は数年前から準備を進めてたらしいハリウッド進出が間近らしいので楽しみですが、下村さんも同じく世界に羽ばたいて欲しいですねー。
毒が少ない分、スポンサーを集めやすそうだし。

2007/08/17 (Fri) 12:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。