MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

「レミーのおいしいレストラン」

監督 ブラッド・バード
製作総指揮 ジョン・ラセター


今や「ハリウッドNO-1の優良スタジオ」の評価を欲しいままにしている「PIXER」のフル3DCGアニメ。
劇場で「トイ・ストーリー」を観て以来PIXER作品の大ファンなので、さっそく劇場へ足を運びました。


舞台はパリ。
天才的味覚を持つネズミ「レミー」とシェフとしてのセンスが皆無な青年「リングイニ」が出会い、2人のコンビでシェフを目指すことになるが、、。


相変わらず、もう、「面白い」以外に言う事が無いです。
話は王道だしディズニーらしい全てにおいて型通りのキャラやエピソードの数々なんだけど、その全ての完成度が高く安心して楽しめる一流の娯楽作品になってますね。
特に、ドブネズミがシェフになるっていう破天荒な設定を愉快で感動的な話にまとめあげた脚本のセンスが秀逸。
映像も素晴らしく、温度や表面の質感まで感じさせる本当に美味しそうな数々の料理品が凄い。

残念だったのは、、、自分の識別能力の低さ(笑)。
PIXERは必ず次回作のキャラ等をこっそり見せてるんだけど、次回作「Wall・E」に関係してそうな物を発見できなかったし、過去のPIXER作品のキャラ達も発見できなかった。やっぱり出てましたよね?

あと、エンドロールで「モーションキャプチャーは使用していない」と表記してあったのが凄い。
あのリアルな動きの数々、全部手作業のアニメーションなんですね、、、凄過ぎる。


自分の中では今でもPIXER作品で一番好きなのは「トイ・ストーリー」だけど、この作品もかなり好きです。
PIXER作品やディズニーアニメが好きな方には文句なしにお勧めな作品

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画