MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

「デイ・アフター・トゥモロー」

製作・原作・監督・脚本・ローランド・エメリッヒ
出演 デニス・クエイド / ジェイク・ギレンホール



2004年日本公開映画。
興味の無い作品だったのですけど、DVDが500円で売ってたのでついでに購入(笑)。

自分の中では「脳味噌空っぽ映画の帝王」マイケル・ベイ監督や、彼の元盟友である「どんな○ソ映画でもヒットさせる」ビッグ・バジットムービーの達人ジェリー・ブラッカイマーらと並んで「映像の力押し一辺倒」で勝負する監督っていうイメージのローランド・エメリッヒが製作・監督・脚本等を兼任し、まさしくやりたい放題に作った作品。


基本的にはこの作品の公開時期に流行ってたディザスター(自然災害)ムービー。
地球温暖化により近い将来引き起きると言われてる地球崩壊への工程を、緻密かつ大迫力の映像で描いてます。
主演は最近あまり観なくなったデニス・クエイドと、彼の息子役に近年どんどん人気が出て来たジェイク・ギレンホール。


相変わらず突っ込みどころ満載過ぎて、考えるのがアホらしくなる程の薄っぺらいストーリー展開。
世界の中心アメリカ様は地球規模の災害にもめげないぜ!そして俺らの家族愛と勇敢な男らしさはどんな状況でも不滅だぜ!、、、な描かれ方が同監督の「ID4」(インデペンデンス・デイ)を思い出させます(笑)。

でもね、自分はローランド・エメリッヒ作品は結構好きなんです。
彼の作品で観たのは、MOON44(1990) 、ユニバーサル・ソルジャー(1992) 、スターゲイト(1994) 、インデペンデンス・デイ(1996) 、GODZILLA(1998) 等。
(ちなみに彼が製作した「13F」は何気に隠れた秀作SFの一つで、かなり面白いですよ。)
実はどの作品も結構好きで、何故か主演が好きな役者ばかり。
MOON44は好きな映画ベスト3に入る「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレが主演だし、スターゲイトも大好きなジェームズ・スペイダーとカート・ラッセル主演。
ユニバーサル・ソルジャーはB級アクション映画好きには夢の共演だったジャン・クロード・ヴァンダムとドルフ・ラングレン出演だし、ID4も好きな役者であるウィル・スミスが主演でハリウッド版ゴジラにはジャン・レノが出演してるし。

彼の作品の何が良いかって言うと、その馬鹿さが突き抜けてるから(笑)。
同じ大作馬鹿映画の帝王マイケル・ベイみたいに変に「お涙頂戴」を全面に押し出したり言い訳程度のテーマを描いたりしないで、徹底して映像の迫力で勝負する馬鹿映画になってるのが良い。
これ、本当に褒め言葉です(笑)。

今回の「デイ・アフター・トゥモロー」でも父と子の再開を軸に、地球規模の災害を迫力のある映像と緊張感のある展開でスピーディで描いてみせてくれます。

その手の作品が好きな人には文句無しにオススメ。
でもこの作品を観て「色々考えさせられた」とか感じる人は、もっと世の中を見て物を考えながら人生送ったほうが良いと思う(笑)。



余談。
デニス・クエイド老けましたねぇ、、、。
彼がマーチン・ショートと共演した「インナー・スペース」(1987)は大好きな作品でしたし、「ドラゴン・ハート」(1996)も凄く好きな作品。
ちなみに彼の元妻はあのメグ・ライアンなんですよね。

ジェイク・ギレンホールは「ジャーヘッド」(2005)で初めて観たときに良い役に恵まれれば人気が出そうだなーって思ったんだけど、そのあと「ブロークバック・マウンテン」でアカデミーの助演男優賞にノミネートされ一躍人気物に。
でも何故か明らかに興業的に厳しい「ゾディアック」に主演したりもしてるし、アイドルより実力派志向なのかもね。10年後は良い役者になってそう。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画