MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

「300<スリーハンドレッド>」

監督 ザック・スナイダー
主演 ジェラルド・バトラー


「SIN CITY」の原作者フランク・ミラーのグラフィックノベル「300」を、ザック・スナイダー監督が映像化した作品。
主演は「ドラキュリア」「オペラ座の怪人」のジェルド・バトラー。
「ドラキュリア」を観て以来ずっとジェラルド・バトラーのファンで、しかも「SIN CITY」が大好きな自分は、一年くらい前から公開を待ち焦がれてた作品。
大喜びで劇場へ行って来ました。


舞台は紀元前480年。
1000にも上る国々を征服してきた大帝国ペルシアの王クセルクセスがギリシャの小国スパルタに使者を出し、ペルシアの前に屈服するように恫喝する。
生まれながらにして戦士である男達が中枢を占める国スパルタの王レオニダスはそれを拒否し、ペルシアの100万の軍勢に対し、300人のスパルタ精鋭で戦う事を決意する。


予想通り、燃えました(笑)。
オスの本能を刺激する映画。
男の中の「男の子」の部分に響く作風は、やっぱり同原作の「SIN CITY」に通じる物がありますね。

とにかく、凝りに凝った映像で見せるバイオレンス・アクションの描写が凄い。
人物以外をほとんど全てCGで描いて見せ、光の陰影を強調し全体を粒子の粗い茶色がかった色調で統一した画面が美しい。
そしてアクションシーンでは、コマ落としや早回しの素早い動きと数種類の速度のスローモーションを多用して速度の変化を見せ、リアリズムとは全く違った場所で独特の美意識に統一された殺戮シーンを描いてみせる。

いやぁ、この作品は劇場で観ないと勿体無いですよ。
批評するなら最低限劇場で鑑賞してからにして欲しい。テレビ画面じゃ凄さは全く伝わらない。
やっぱり少数vs大軍勢の戦いは問答無用で燃えるし、筋骨隆々で武器を構えるスパルタ兵の面々は鬼の様にカッコ良かったです。


ただ、色々と突っ込みどころ満載なのは致し方ないですね。
ひたすらに「テルモピュライの戦い」を描いた作品なので、ストーリー展開は平坦で人物の描写は全く掘り下げが足りず感情移入し難いし、戦いの歴史的バックグラウンド説明は浅く、この戦いの重要性が伝わってこない。

さらに作中の描写はまるで、強く逞しい者は「正義」で醜い者は「悪」、白人は「正義」で有色人種は「悪」と見えてしまう。
まるで西部劇時代のハリウッド映画の様な単純明快な「世界最強にして絶対正義」な白人様万歳映画になってると言えなくも無い(笑)。
ゲーム感覚で人がどんどん殺されて行き、凄まじい血飛沫の中に手や首が空を舞う容赦の無いバイオレンス描写には不快感を感じる大人が居るのも当然だと思う。

でもね、こういう映画にそんな事を生真面目に言う方が馬鹿だよねぇ。
「テーマが無い」って?
そりゃそうでしょ、「物凄いバイオレンスアクション」を描いて見せるのがテーマなんだもん(笑)。
申し訳程度で織り込まれてる家族愛や同胞愛は、「泣けますよ」と宣伝すれば興行成績が伸びる日本向けの戦略かと思うくらい(笑)。
テーマやストーリーを語りたいならこういう映画を観る事が間違ってる。泣きたいなら、ク○くだらない扇情的演出の嵐の「お涙頂戴」映画でも観るべき。



ちなみに、フランク・ミラーの「300」は伝説的な史実「テルモピュライの戦い」をベースにした作品なんだけど、実際の史実では1500人で21万人を相手に3日間戦い抜いたそうで。
その際、1000数百人のギリシア連合軍の退却の時間稼ぎをする為にスパルタの300人が残って全滅するまで戦い、なんとペルシア軍の2万人以上を殺したとか。
この奮戦によってアテナイは時間を稼ぐ事ができ、サラミス沖の海戦でペルシャ海軍に勝利することが出来たらしい。
その為レオニダスは、ペルシアの侵略からヨーロッパを守った古代ギリシアの英雄として今も語り継がれているそうです。

「彼らは槍が折れると剣で、剣が折れると素手や歯を使い、全軍が玉砕するまで戦った。ヘロドトスによれば、この戦いによるペルシア軍の戦死者は2万人とされる。」(Wikipediaより)
すげぇ。スパルタの兵士1人で6~70人の近いペルシア兵を殺してる計算になりますねぇ。


余談ですが、ジェラルド・バトラーは相変わらずカッコ良いですねぇ。
自分はヴァンパイア映画が大好きで片っ端から見てるのですけど、「ドラキュリア」DVDの映像特典に収録されているカメラテスト時のジェラルドさんの
演じたヴァンパイアが一番カッコいいと思っています。あれは素晴らしい。

あと、邦画「CASSHERN」(2004年)で監督の紀里谷さんが目指してた映像は、こういう感じだったんだろうなぁ、、って気がしますね。
だからこそ、日本では散々な評価だったのにハリウッドの関係者に評価され、現在ハリウッドで5本もの映画製作企画が上がってるんでしょう。
キャシャーンでは背景のCGがチープで失敗してたけど、「300」並の予算さえあれば、ねぇ、、、、。


激しく観る人を選ぶ作品ではあるけど、「SIN CITY」みたいな作品が好きなら超オススメ。

2 Comments

哀生龍  

>オスの本能を刺激する映画。
>リアリズムとは全く違った場所で独特の美意識に統一された殺戮シーンを描いてみせる
>この作品は劇場で観ないと勿体無い
>、「物凄いバイオレンスアクション」を描いて見せるのがテーマ
>カメラテスト時のジェラルドさんの演じたヴァンパイアが一番カッコいい

秋さんの書いた通り!
激しく同意!!!
危うく、拳を振り上げて『うぉぉぉぉ~~~!!!』と吼えそうになりました。

2007/06/16 (Sat) 12:16 | EDIT | REPLY |   

秋  

テンション上げてくれる作品ですよね。
鑑賞後、関が原とか川中島とか、日本の有名な合戦をこのクオリティで映像化してくれたらなぁ、、とか、友人達と妄想談義してました(笑)。

2007/06/20 (Wed) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 映画