MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC・72、和術慧舟會

UFC72の公式サイトが公開されました。

注目は、ミドル級の時期タイトルコンテンダー決定戦である、リッチ・フランクリンVS岡見勇信。

フランクリンはアンデウソン・シウバに負けて王座を譲ったものの、それまではUFCで無敗。
しかも、20勝のうち11がKO勝利で、残る9勝もサブミッションによる一本。
恐ろしい強さで当時はヒョードル、マット・ヒューズ、 BJペンらと並んで「パウンド・フォー・パウンド」の一人に挙げられてた選手なんだよね。
でも、元・PRIDE参加選手のアンデウソンとの試合では、首相撲から膝の攻撃に全く対処出来ず完敗。
アメリカのMMA界に多いアマレス&ボクシングっていうスタイルの選手って首相撲の対処の仕方を知らない事が多くて、ランペイジも以前、ショーグンに首相撲からの膝をやられて全く対処出来ずに負けちゃったんだよね。

ちなみに2003年のイノキ・ボンバイエでは、LYOTO君がリッチ・フランクリンにTKO勝利してます。
そんなマチダリョート君はウェイト問題があったとはいえ、BJペンやサム・グレコにも勝利し、いまだMMA無敗。
そろそろ化け物として注目されても良いと思うんだけど、あの地味すぎるルックスがネック、、、、(笑)。



岡見は和術慧舟會に所属する選手で、PRIDEチャレンジマッチ等、日本では無敗のままUFCに渡ったそうで。
ちなみに和術慧舟會は西良典が1987年に長崎に設立した総合格闘技団体。
K-1の前身である「格闘技オリンピック」で西良典の試合を生観戦してた自分としては、なんとなく感慨深い物があります。
同時に、そりゃ、歳とるよなぁ、、、とも(笑)。


で、リッチ・フランクリンVS岡見勇信なんだけど、結構似たタイプ同士ですよね。
それならパワーと極めの強さで上回るフランクリン有利な気もするけど、岡見には頑張って欲しい。
そして、アンデウソンを倒してUFCミドル級チャンピオンになって欲しいね。

- 0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 格闘技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。