MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

「ドリームガールズ」

昨日は劇場で「ドリームガールズ」観てきました。

舞台は60年代から70年代のモータウンをモデルにしたショービズの世界で繰り広げられるサクセス・ストーリー。

25年前にブロードウエイで絶賛された伝説のミュージカルをハリウッドでリメイクした作品で、この作品の中心になるコーラスグループ「ドリーム・ガールズ」のモデルは「シュープリームス」らしいです。
ディーナ(ビヨンセ)のモデルは、今も健在のダイアナ・ロス。
アカデミーの助演女優賞を獲ったジェニファー・ハドソンが演じるエフィーのモデルは、フローレンス・バラードという方らしい。

ビヨンセは流石に物凄い美人で歌も上手いし、ジェニファー・ハドソンの歌は素晴らしい。
あの躍動感溢れる圧倒的な歌声の迫力は黒人にしか出せないよなぁ、、、とか感じます。
久しぶりにスクリーンで見たエディ・マーフィが演技上手くてびっくり。
コメディを長くやってる役者さんって、皆巧いよねぇ。
ダニー・グローバーの老けっぷりにもびっくり(笑)。


物凄く評判良い映画なんだけど、、うーん、、、個人的には今ひとつ。
どこをとっても隙の無い完成度の高い映画ではあるけど話が類型的過ぎるのと、明確な主人公が居ない(居るんだけど吸引力が無い)のもちょっと弱い所。
もっとエフィに焦点を絞って描いた方が良かったんじゃないかなぁ。
どう見ても一番インパクトがあって魅力的なエフィを脇に置いてしまってるので散漫な印象を受けてしまう。
各人物の描写も掘り下げが全然足りないし、時代背景を感じさせる社会問題等の描き方があっさりしすぎな事も登場人物達のリアリティ不足の要因の一つかも。

やっぱり自分はミュージカルが生理的に合わない感じです。
上記の弱い部分と相まって、作品の中に入り込んでた所を突然の歌唱シーンで現実に引っ張り戻される感覚しちゃんだよねぇ。
そういう見方では無く、上質のライブや舞台ミュージカルを観る感覚で映画にも接っする人には良いのかな。

R&Bや6~70年代のブラックミュージック好きな方には文句無しにオススメです。

2 Comments

毒忍  

本文とは全く関係なんですが、とりあえず君には教えた方がいいかなと思い、ここにカキコw

http://youtube.com/watch?v=iYp-YAATGh4

2007/03/04 (Sun) 23:59 | EDIT | REPLY |   

秋  

何度観ても最期のじいやの笑顔が泣ける、、、。

2007/03/06 (Tue) 04:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 映画