MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見た映画色々の感想・6

近頃は忙しくて映画の感想をアップできてませんが、比較的最近に劇場で見た作品の中から10本の感想。
時間がある時は個別で感想をアップしていますが、全部をリスト化するには量が多すぎるので適当にさかのぼってもらうしか無いですね、、、。上手くリスト化する方法あると良いんだけど。


■キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
今や大人気の『アベンジャーズ』シリーズの中心人物キャプテン・アメリカの活躍を描いた「キャプテン・アメリカ」の続編。アベンジャーズで描かれた事件の二年後を描いており、「マーベル映画の最高傑作」と評されている作品。実際に鑑賞してみると、その噂が嘘では無いことを実感できる素晴らしく完成度の高いアクション映画。同じアベンジャーズの登場人物であるハルクやソーらの超人っぷりとは違い「普通の人間より少し強いだけ」というキャプテンのアクションをカッコよく魅せる事を見事に成し遂げている演出の数々が素晴らしく、盾を使ったアクションやナイフさばきなどの細かい動きがイチイチかっこ良くて痺れる。原作だと後にキャプテン・アメリカになる「ウィンター・ソルジャー」ことバッキーの描写も凄まじくカッコ良く、『アベンジャーズ』シリーズを見た事が無くともアクション映画が好きならばおススメの一本。

■LIFE!
ベン・スティラーが主演・製作・監督を兼任した素敵な感動作。空想世界の中での「凄い自分」に逃避してばかりだった中年男が、一念発起して挑んだ冒険の中から自分自身を取り戻して行く姿をユーモラスに描いており、冒険先の雄大な自然や「空想世界」の唐突なアクション描写も作品にメリハリを付けていて良かった。また、主役が憧れる冒険家を演じたショーン・ペンの存在感が圧倒的で、改めて彼の名優ぶりに驚かされる。最後にオチとして用意された「大冒険の果てに辿り着いた答え」の場所も良かったし、そこに居たるまでに用意された細かい複線の数々の処理の仕方も素晴らしい。文句の付け所の無い素敵な感動作。おススメ。

■ロボコップ
MGMのロゴの「百獣の王」を茶化すオープニングから始まり、アメリカのダブルスタンダードを嘲笑するかの様な強烈な皮肉で終わるエピローグに苦笑。そして監督の国籍を知って納得。旧作は、ロボットとして目覚め徐々に人としての記憶が蘇り苦悩していく姿を描いていたが、今回は人として目覚め「人間性を制御する」事で殺傷能力を上げていく。旧作では描写の薄かった家族とのやりとりの中に描かれるドラマが良かった。よりスタイリッシュにデザインされたメカの数々もカッコ良く、オリジナルへのリスペクトを感じさせる小ネタの数々も良い。オリジナルの精神を引き継ぎ、より洗練された娯楽映画として成功したリメイク作品。

■平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦
もうすっかりお馴染みになった「ライダー大集合」映画の最新版ながらも、仮面ライダー1号「本郷猛」を演じる藤岡弘さんが出演してる事で話題になった作品だが、なぜか批評は散々な物。血走った目でストーリーを批判してる大人達は、この作品のメインターゲットがあくまで子供だって事を理解してるんだろうか、、。
自分が子供の頃に見たライダー映画で今でも記憶に残ってるのはストーリー等では無く、戦うライダーの「カッコいい姿」だし。冒頭のカブトvsストロンガーでの「クロックアップ」対策に痺れ、ディケイトとファイズの「動いてるとカッコいい」姿に改めて感動。Xとファイズの絡みも良かった。RXがバイオライダーにならなかったのは、やっぱり強すぎるからだろうか(笑)

■キック・アス ジャスティス・フォーエバー
前作はモラルも倫理もお構いなしに大暴れするバイオレンスアクションが良かったのに、何をトチ狂ったのかまるで前作を全否定するかの様な内省的テーマを主軸に持って来てしまった作品。その為、一体どこへ向けてアピールしたいのか判らなくなってしまった失敗作で、公開直前に出演者の一人ジム・キャリーが「こんな暴力的な映画は認められない」と発言し、映画のプロモート活動を完全拒否てしまったオマケ付き。だったら最初から出演すんなよ、、。突き抜けた馬鹿映画だったからこそ「少女が大人を惨殺」する描写も「ファンタジー」として楽しめたのに、中途半端にリアルなテーマを持ち込んでしまった為にバイオレンス描写に嫌悪感を抱いてしまう様な場面も多々有り。駄目だこりゃ。

■スノーピアサー
フランスのグラフィックノベルを韓国の監督ポン・ジュノが映像化した作品。氷に覆われた世界で唯一生き残った人たちが乗る列車の中で繰り広げられる現代社会の縮図が辛辣で面白い。また、荒唐無稽で突っ込みを入れるとキリがないストーリーを最後まで捻じ伏せる様に見せきってしまうパワーも良かった。ハリウッド映画で有りながらもポン・ジュノのセンスがきちんと立っていて、ありがちなハリウッドアクション演出とは毛色の違う部分が多々あって楽しめる。ティルダ・スウィントンの怪演も面白かった。ただ、日本人を小馬鹿にした「仏像返すよ」のネタで一発で興醒め。スポーツだろうが芸術だろうが何にでも捻じ込んで来るねぇ、、。

■マイティ・ソー/ダーク・ワールド
驚異的なヒットを記録した『アベンジャーズ』シリーズとして製作されたマイティ・ソーの続編で、適度なユーモアを盛り込んだダイナミックなアクションはそのままに、よりスケールアップしたSFファンタジーが楽しめる作品。トム・ヒドルストン演じる「ロキ」がとにかく魅力的で、今回の主人公と言っても良い程。スーパーヒーローの活躍するファンタジーアクション大作としてきっちり完成されており、この手の映画が好きなら文句なしに楽しめる。スケジュールの都合で降板してしまったマッツ・ミケルセンが次回作で見れる事を切望。

■47RONIN
キアヌ・リーブスを主演に日本の「赤穂浪士」の討ち入りを描いたアクション大作で、時代考証無視のファンタジー映画。企画が発表になった頃から公開を楽しみにしていたが、度重なる公開延期と大幅な予算オーバーの為に公開されずお蔵入になる噂が流れていた作品。作品として面白ければ時代考証やリアリティ等どうでも良いのだけど、とにかく脚本が駄目。もっとタイトにして一気にラストまで引っ張る勢いのあるアクション映画にするか、逆に叙情的な部分に重きを置いた物にするか、ディフォルメの方向性をもっと計算して作りこんで欲しかった。「浅野忠信さんや真田広之さんら日本人キャストを見れた」という所と天狗の描写がユニークだった事しか褒めるところが無い残念な失敗作。

■清洲会議
役所広司さんの役者としての凄さを再確認する映画。彼の演じる柴田勝家があまりも自然で、「きっとこういう男だったんだろう」と納得してしまう驚異的な説得力が有った。真っ直ぐで融通が利かず、粗雑かつ不器用で思慮が足りないけど「どうにも憎めない」可愛気のある男…そんな柴田勝家を魅力的に見せる三谷幸喜監督の脚本も素晴らしかった。ただ、演出や画面のスケール感がどうしても「テレビ映画」の粋を出ておらず、「ユーモア」とは別にチープさに失笑してしまう事も多々。また、役所広司さん以外の伊勢谷友介さんや佐藤浩市さんetcのキャストの方々の演技も非常に良かっただけに、剛力彩芽さんの演技の酷さが2億倍程増幅されて際立っていてたのが残念。こんなキャスティングに捻じ込まれたら本人も可愛そうでしょ、、、。

■エリジウム
個人的に「SF映画」という枠の中でなら「月に囚われた男」と並んで過去10年で最高傑作だと思っている「第9地区」の監督ニール・ブロムカンプの最新作。前作は地球に難民として住む宇宙人達と人間との確執を通してアパルトヘイト等の人種差別問題を「分かり合えない悲しみ」として上手くエンターテイメント作品に仕上げる素晴らしい手腕を発揮していたが、今回は現代の格差社会を描いたディストピア物。80年代の傑作SFのひとつ「ブレードランナー」のシド・ミードが協力したデザインやSF映画でありながら現代社会から乖離した印象を持たせないリアリティ有る演出も凄く良かった。ただ、手垢だらけの題材を描くには脚本も演出も切れ味がいまひとつで、「第9地区」や「ブレードランナー」の様な傑作には程遠い作品。この程度なら、残念ながら同時期に公開されたトム・クルーズ主演の「オブリビオン」の方が面白い。


最近見た映画色々の感想・5
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1148.html

最近見た映画色々の感想・4
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1117.html

最近見た映画色々の感想・Ⅲ
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1104.html

最近見た映画色々の感想・Ⅱ
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1098.html

最近見た映画色々の感想
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1087.html

2013年上半期公開映画ベスト10
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1185.html

2012年公開映画ベスト20
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-1044.html

最近見た映画の感想色々
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-888.html

NASAが選んだベストSF映画
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-791.html

映画の感想、約400本
http://graton.blog75.fc2.com/blog-entry-829.html

- 2 Comments

紅  

お久しぶりにコメントさせていただきます^^
アベンジャーズ系が結構好きなので感想参考になりましたー。
なかなか映画館に足を運ぶ機会がないので見るのはしばらく後になりそうですが^^;

あとやっと○龍さんのライブにいけることになりそうです(*ノωノ)
地元にきてくれるので実家に子供預けて参戦できそうで…
数年行けずに悶えてたので楽しみですー!

2014/05/07 (Wed) 00:44 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

お久しぶりです。

チケット良かったですね(^ω^)
自分はアルバムは聞いてるんだけど、ライヴには行ったこと無いです。
最近はZeppでもワンマンやる様になったみたいで、どんどんビッグになって行きますよね~。
今後の活躍も楽しみです。

最近、メンズエッグとかみたいな若い子向けのファッション誌の表紙に出てましたよ。
彼らのファッションの特集みたいでした。
あの格好、普通はできないと思いますが、、(笑)

2014/05/08 (Thu) 07:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: スポンサー広告

You may also like

Category: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。