MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

ストーンヴィジル&ゼーメル要塞(ナイト目線)

FF14の話。

身内FCでストーンヴィジルに行きました。
ナイト50で数回、竜騎士50で1回参加。ゼーメルはナイトで参加。
相変わらず、身内FCで予習ほとんど無しの初見突撃でした(笑)。


※以下、長くなるので折りたたんでおきます


まず、ストーンヴィジルは、ナイト目線だと意外と楽なボスでした。
防御バフの切り替えをしっかりやれば攻撃は大して痛くないし、前知識が無くとも範囲攻撃は目で見て十分反応できるレベルですし。

zeze.jpg

ただ、ラスボスのドラゴンの上空からのブレスを避けた後の位置取りを考えないと、着地後にDPSやヒーラーに面倒をかけてしまう位置関係になってしまう可能性もあるので、上空からの「円状ターゲットのブレス×2→ライン状の広いブレス」の合間の広いブレスの前の隙に、スプリントを使ってエリア端へ引っ張る様にしてました。

円状ターゲットのブレスはなるべく画面端で避けた方が良いですね。
ステージ中央部で避けると、そこに凍傷エリアが残ってしまって後のライン状の広いブレスを避ける時に自分らの行動範囲を狭くしてしまうので。

ライン状の広いブレスの簡単な避け方は、詳しく説明しようとすると図に描かなきゃいけないんだけど、、、。
ブレスはステージの端から端までを覆う直線のダメージエリアで、しかもエリアの三分の一の幅。
なので、ステージをルービックキューブ状の9個の四角いブロックに分割させて考えた場合に、中央のブロックの四隅の部分に立つ様にするとブレスのエリアがどこに来ても避けるのが簡単です。
端っこに居た場合、ブレスがステージ端から三分の一を覆う様に来ると、一瞬でも反応が遅れるとスプリントしない限り避けれなくなりますしね。


ストーンヴィジルのラスボスとは10回くらい戦闘したかなぁ。
上記のブレスは一度も被弾しなかったんだけど、首を左右に振る範囲の表示されないブレスは避けられなかったですねぇ。。
キャストを見た瞬間に背面まで動いたり側面や胴体の真下に入ったりしてもダメでした。
ドラゴンの左足に重なるくらいの位置に立った時はノーダメージだったんだけど、どうも「命中判定」での「回避成功」だった様な気がするんですよね。
命中判定での「回避」以外では避けれないのかな?

ただ、試しに真正面から直撃を食らってみた時は、背面や胴体下に走りこんだ場合よりもダメージが大きかった様な気がするので、「直撃だとブレスダメージ」「直撃されない不可視範囲内だと凍傷ダメージ」って感じの判定なのかもしれないですね。

って感じで、まぁボスは特に問題なかったんだけど、道中の雑魚はMMOの定石を知らない初心者さんだとキツイかも。
リンクしまくる配置にMobが居るので、「遠めから釣って安全地帯に移動し、殲滅してから次のターゲットへ」って基本を守らないとボコボコに凹まされるだろうと思います。

なので、ここでの釣りは「挑発」がおススメ。
通常はシールドロブ(盾を投げる)で釣るのが基本なんだけど、シールドロブの射程はMobの知覚反応範囲と同じ15mなんです。
実は挑発の射程は25mもあるので、Mobに反応されない距離から確実に釣れます。
ただ、ヘイト(敵視)が皆無に近い(開幕は実質ヘイト「1」)ので、釣り直後に攻撃を始めるせっかちなDPSさんが居るとなかなかシンドイですが、、、(笑)。

次のドラゴンは黒か赤なのかな?


ゲットできる装備が人気のゼーメル要塞は、予習なし初見PTでも一回でクリアできました。

yousai.jpg

その後も何度か行きましたが、最後のボスよりも道中の嫌がらせ範囲をやってくる目玉がうっとしい感じ。
それにしても、ダンジョンごとに色々と違ったギミックを考えてあって関心します。
未経験のインスタンスへ行くのが楽しみ。


育成の方では、ナイトと竜騎士が50なので、今は学者を育て中。
噂通り操作が忙しくていろいろ難しそうだけど動かしてて面白い職ですね。

zeze2.jpg

この本を構えた状態からの呪文詠唱がカッコいいんですよね。
殴ったら人を殺せちゃいそうなサイズだけど(笑)。

そして、この本にはちゃんと種類があるんだけど、中にはシオリが挟んである物もあったりして芸が細かい。

zeze3.jpg

ブレイフロスクで、人気のバトルメイジ(胴)も入手できました。
これ、カッコ良いなー。
レベル上がってもこれと同じデザインの物が欲しい。

b-magi.jpg


次は、まったく手付かずの呪術を育てて迅速魔を覚えなきゃ、、、。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: FFXIV