MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

新生FF14、序盤のプレイ感想

新生FF14の最後のβテスト中ですが、同時接続が15万人を越えたそうで、発売前の数字にしては結構良いんじゃないかな?
自分は旧版の発売日組みだけど、新生版はもう別ゲームってくらい良くなってます。

20130818kou.jpg

とりあえず、β3までと今回の最後のβテストを比較した感想。
ウルダハのクエストでレベル10~15くらいの間に槍を持ったNPCと戦うイベントがいくつか有るんだけど、槍の特殊攻撃の範囲がキチンと赤いエフェクトで見えるので避けるのが簡単になってました。
以前は当たり判定が異様に長いのか、もしくは判定が曖昧でNPCから結構離れても当たってしまってたんだけど、今回は「目視して避ける」のが容易になってますね。
対人が始まったら、細かい駆け引きとか戦術を考えるのが楽しそう。

あと、イベントが実装されてなかった辺境の町々にも色々追加されてて、メインクエストの一部ではフルボイスでキャラクターの声が聞ける様になってます。
シャアの池田さんが声をあてた某キャラがカッコいいなぁ。

UI関係は精査&修正されてて、さらに使いやすくなってました。

FATEシステムも色々と種類が追加されて、味方NPCと共に敵集団を撃破しながら長距離を進撃するイベントは面白かった。
ゴブリンの集団が走って来て一斉に爆弾投げて来やがるイベントでは、あっと言う間に爆死させられましたが(笑)。
各地で他の種類に遭遇するのも楽しみ。

現時点で受ける不満というか若干心配なのは、以前も書いた通り「親切過ぎる」事。
クエストを受けられるキャラやクエストの進行に必要な場所等が全てアイコンで表示されてたり、各地への移動が物凄く簡単迅速に行えるんですよね。
ガッチリとレールが敷かれてる感じなので、飽きられるのも早くなってしまう気がします。
アイコンで表示されない隠しイベントとか、ぱっと見た目では分からない隠れた町とか建物とかあると、「ぶらぶら探検した先」で思いもよらぬ遭遇があったりって感じで楽しいと思うんだけどなぁ。

このあたり、対人を含めてエンドコンテンツの作りこみに期待したいところ。

最初に剣士⇒ナイトを育て、その後で学者をやってみるつもりだったんだけど、召喚の連れてるカーバンクル(?)が可愛い過ぎて心揺れてます(笑)。
格闘もテクニカルになってて面白そうだし、悩むなぁ、、、まぁ結局全部やるんだけど(笑)。

ひとまず、しばらくは楽しめそうなゲームに仕上がってるっぽくて良かった良かった。
発売日が楽しみです(●^ω^●)

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: FFXIV