MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

日米の悪役の違い

某ブログで指摘してる方が居たんだけど、日米のスーパーヒーロー物での悪役の違いが面白い。
その方曰く、「日本のヒーロー物では、基本的に悪役は完全消耗品。だけどアメコミは基本的に悪役がなかなか死なない。」って話。

確かにねー。
仮面ライダーやウルトラマンは敵を毎回抹殺するけど、ジョーカーやレックス・ルーサーは倒された後も人生を歩む。
アベンジャーズのロキもそうでしたね。

敵の抹殺が終着点なら自身の死亡も同様って事だろうし、倒しても命を奪わないのは、自身も敗北時に投降で赦免されるって事を意味してるんだろうし。
だから大戦時の日本は「勝利か玉砕」しか無かったのかな。
「負けて生き恥を晒すくらいなら自決する」って、アメリカ人には理解できない日本人の美学らしいし。


アメコミヒーローが基本的に自警団の延長なのは西部劇が根っこに有るからなんだろうし、日本のヒーローの根っこはやっぱり時代劇の侍なのかな。
まず個人ありきで、家族、地域、と「守る」対象が少しずつ広がってくのがアメコミヒーローで、日本は「正義」「世界平和」の為に戦うヒーローが多い。

まぁ最近は、日米問わず「ダークナイト症候群」のおかげで、何の為に戦ってるのかよく分からないヒーロー像が多いけど(笑)。

アメリカって住所の記載も個人>地域>国と、個から大きな集団へと記述順位が下がってくけど日本は完全に逆だし。
そう考えると、ヒーロー像や、その裏返しの悪役像がそのまま国民性の違いになってて面白いですね。
東北震災の時に、強盗の様なことがほとんど起きず「お店に並ぶ」日本人の姿が海外から賞賛されたけど、、個の欲求より「社会性」「協調性」を重視する日本人の国民性が出たんでしょうね。


ちなみに、個人的なアメコミヒーロー映画BEST3は、『クロウ』『ダークマン』『ブレイド』。
次点が、『ディフェンドー』『ウォッチメン』『バットマン』(バートン版)。
(ディフェンドーは、正確にはアメコミ映画ではないですが、「ヒーロー」を描いた作品なので)



少し話しが逸れますが、、。
「宇宙戦艦ヤマト」のアニメで描かれる「特攻する事で地球を救う」という描写に対して、漫画版のヤマトを描いていた松本零士さんは猛反対したんだそうです。
氏の描く漫画では「何としてでも生き残って次の機会に頑張る。だからこの撤退は恥では無い」って描写が多いんですよね。

戦争を知ってるやなせさんの描くアンパンマンって、バイキンマンの「悪事」「悪戯」を咎める事は有っても、アンパンマンを悪人として攻撃しないんだよね。
行為を批判する事は有っても、バイキンマン自体の人格や存在を否定する事はない。

【涙腺崩壊】初代アンパンマンの人生が悲惨すぎる
http://kizitora.doorblog.jp/archives/25636300.html

上記の記事を見た後に、やなせさんが作詞したアンパンマンのテーマ曲を聴くと、結構ぐっと来る物が、、、。


他にも、石ノ森章太郎さんの描くヒーローは、形を変えた「抜け忍」の話だって指摘してる方も居て、凄く納得しました。
仮面ライダーもキカイダーも009も、みんな組織から離脱した者達だしね。

そういや、鬼太郎も妖怪でありながら人間の側に立って妖怪を倒すんだよなぁ。
組織=社会って事だろし、そういう視点で振り返ってみると色々見えてくる面白さも有りますね。


話がまとまりませんが!(笑)

今度のスーパーマンの新作『マン・オブ・スティール』が物凄く楽しみ。
公開前に黒字になり、公開数日で制作費の十倍以上(リターンズの倍)の興行成績を叩き出したそうです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=NlOF03DUoWc

早くみたいぃ~~。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 雑記