MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『殺し屋たちの挽歌』を観た感想

監督 スティーヴン・フリアーズ
出演 ジョン・ハート/ティム・ロス/テレンス・スタンプ


1984年公開イギリス映画。日本では未公開。
天才クリストファー・ノーランがアメリカのビデオ・レーベル「クライテリオン・コレクション」の中での「お気に入り作品トップ10」で一位に選んでいた作品。
同トップ10で2位に選ばれてた『十二人の怒れる男』は、自分の父が生前に「人生で一番好きな映画」だと語ってた作品という事もあって、昨日DVDで鑑賞してみました。


冒頭の舞台はイギリス。
銀行強盗に加担していたパーカー(テレンス・スタンプ)は司法取引に応じ、裁判で仲間を売り自由を得る。
そして10年の時が過ぎ、スペインで暮らすパーカーを二人組みの男が拉致するのだが、彼らはパーカーによって売られたコリガンが雇った殺し屋であり、コリガンが待つパリまでパーカーを連行する事を目的としていた。
途中、成り行き上同行させる事になった女性マギーを加えた4人でパリを目指して行くが、4人は互いに影響しあい、少しずつ4人の関係性に変化が生じて行く。

冷徹で腕の立つ殺し屋ブラドック(ジョン・ハート)は少しの迷いが引き金となって自身の中の「甘さ」をどんどん広げて行ってしまい、無邪気で無鉄砲な殺し屋マイロン(ティム・ロス)は、死を全く恐れず達観しているかの様に見えるパーカーへ畏怖の念を抱き始める。
マギーはパーカーへ「助けてくれ」と懇願しつつも、同時にマイロンを誘惑しブラドックと仲間割れさせようとする。
しかし、何度でも逃げるチャンスの有ったパーカーは全く逃げようとせず、あろうことか「腕の良い殺し屋に一発で殺されたい」とブラドックへ語りかけ、パーカーとブラドックは互いに敬意を払う様になって行くのだが、、、、。


なかなか面白かったです。
物語の主軸は、乾いた空気感の中で淡々と進行していくロードムービーなんだけど、「殺される事」を全く恐れず逃げようともしないパーカーの言動が二人の殺し屋の心境に徐々に変化をもたらし、逞しく生き延びようともがく女性マギー(ラウラ・デル・ソル)を加えた4人の中に微妙な心理戦の様なやりとりが生まれて行く様が面白い。

何故か最近自宅で見た映画の連続3本(『裏切りのサーカス』『インモータルズ』『殺し屋たちの挽歌』)に出演していたジョン・ハートが主役で、寡黙かつ冷徹な殺し屋ブラドックを演じてます。
彼の部下マイロンを演じているのが個性派ティム・ロス。
この作品がデビュー作らしいんですが、物凄く若くてびっくり。そして、デビュー作から既に良い味出してて、さらにびっくり(笑)。


まず、主役のジョン・ハートを完全に食ってしまっている圧倒的存在感のテレンス・スタンプが物凄く良かったです。
カッコ良すぎ。
自分が女なら、この作品中の彼の笑顔に一撃で惚れます(笑)。
滝の前で振り返った時の彼の表情とか最高でしたねぇ。
あと、ティム・ロスのサングラスが割れるシーンも良かった。
スティーヴン・フリアーズによるセルフリメイクが決定してるらしいので、リメイク版も楽しみです。

少し残念なのは、脚本の作りこみに少し甘さを感じるところ。
終盤、突然パーカーは意外な行動に出るんだけど、それはきっと「ここで殺されては自分の望んだ完璧な死に成らない」と思ったからこその物だと思うんですよね。
でもそれが伝わり難くて、そこまでの達観ぶりが「生き延びる為のフェイク」だった様にもとれちゃうんですよねぇ。仲間割れを狙っていた言動だった様にも取れてしまう。
滝のシーンでのパーカーの表情からすると彼の達観ぶりは本物だったんだろうと感じるので、、、、って、あまり書くとネタバレになるので辞めておきます(笑)。

個人的にテレンス・スタンプの出演作で一番好きなのは『イギリスから来た男』(1999年)。
ソダーバーグのオシャレな演出と、テレンス・スタンプのエレガントさとワイルドさの共存した雰囲気が凄くマッチしてて良かったんですよね~。
でも、近年出演したのは『スター・ウォーズ』『アジャストメント』『WANTED』みたいな大作ばかりで、しかもちょい役しか無いのが残念。
もっと主演作が増えると良いのになぁ、、、。

自分と同様にテレンス・スタンプが好きな方なら、この『殺し屋たちの挽歌』もおススメです。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画