MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『LOOPER/ルーパー』を観た感想

監督 ライアン・ジョンソン
出演 ブルース・ウィリス/ジョセフ・ゴードン=レビット


製作の話を聞いた時から楽しみにしてた作品なので、さっそく劇場で見てきました。
主演は最近どんどん出演作が増えてきたジョセフ・ゴードン=レビット、共演に「カッコ良いハゲ筆頭」(笑)ブルース・ウィリス。

舞台は「タイムマシン」が実用化されている2044年のアメリカ。
「タイムマシン」は法律で使用が禁止されていたが、一部のマフィアが消したい標的の処刑用に悪用していた。
マフィアが30年後(2074年)の世界から送くってくるターゲットを処刑する者達は「ルーパー」と呼ばれており、ジョー(ジョセフ・ゴードン=レビット)は凄腕のルーパーとして生計を立てていた。
ルーパーとしての稼ぎを蓄えていたジョーは、間もなくルーパーを辞め自身の夢だったフランス移住が目前になっていたのだが、30年後の世界から送られてきた新たなターゲットは「30年後の自分自身」だった、、、。


残念ながら期待程では無かったものの、それなりに面白いSFアクションサスペンスでした。

30年後のジョーを演じたのがブルース・ウィリス。
現在のジョー(ジョセフ・ゴードン=レビット)が冒頭で、鏡を見ながら自分の頭髪の生え際を気にしているシーンには笑いました(笑)。

この手の作品は感想を書き難いんですよねぇ、、ネタバレになってしまうので。
「タイムパラドックス」を扱ったフィクションは数多いですし、もう数え切れないくらい色々なパターンが出尽くしちゃってて、パラドックスのオチをどこに持っていっても「見たことある」「ありふれてる」って言われてしまうんですよね。

ルーパーでも物語の終着点や「謎」の種明かしは特に目新しい物では無いし、ジョーと「30年後のジョー」との間にある謎解きよりも、「ジョーが世界を救う為に」行動するに至る原因に関する謎の方に重点が置かれている感じでした。


ストーリー展開や設定にもう一ひねりあれば凄く面白い作品になってたと感じるだけに、ある人物達に全く救いが無いまま終わってしまったのが残念。
あと、自分の勝手な憶測なんですが、この作品って何度か脚本が大きく書き換えられたんじゃないかなぁ。
物語の展開も、おそらくは数種類の設定や結末を用意した上で撮影してたんだろうと思わせる、やや不自然な演出がいくつか有るんですよね。
散々表情のアップが撮られてた某キャラが結局最後まで物語の主軸や謎に関わらなかったのとか、かなり不自然だし。
DVD発売時には「別バージョンのラスト」とか収録されてそう。

こういうパラドックスを扱った作品なら、近年では『ミッション8ミニッツ』がずば抜けて完成度の高い面白い作品でしたが、ああいう作品が好きな方にはこの『LOOPER/ルーパー』も結構おススメです。


余談。
ジョセフ・ゴードン=レビット主演なら、『50/50 フィフティ・フィフティ』(2011年)が凄く好きです。
彼が演じる主人公はガンの患者で、「生存確率が50%」の中で気持ちを整理しながら手術に挑むお話。
彼と親友の「笑えるんだけど暖かい」やりとりや、認知症の父やヒステリックな母、そして新米カウンセラーとの交流が凄く良いドラマになってて、「泣かせる」演出が皆無なのにじんわり泣ける良い映画です。

彼は『インセプション』に出演した事で注目され初め、『ダークナイト ライジング』等にも出演した期待の若手らしいんですが、実は彼、『G.I.ジョー』や『リバー・ランズ・スルー・イット』にも出演してるんですよね。
『50/50 フィフティ・フィフティ』では凄く若々しい感じだったのに、今回の『LOOPER/ルーパー』ではやさぐれた老けた印象だったし、きっと演技も巧いんでしょうね。
今後の活躍が楽しみ。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画