MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観た感想

監督 庵野秀明
出演 緒方恵美/林原めぐみ

1995年にテレビ放送されたアニメーション作品『新世紀エヴァンゲリオン』を新たにリメイクした劇場版で、全4部作の内の第3作目にあたる作品。

自分は昔のテレビシリーズを見ていないので内容を多少知ってる程度だったんですが、少し前にブルーレイで観た『序』(リメイク一作目)と『破』(リメイク二作目)が凄く良かったので、今回は劇場で鑑賞して来ました。


ストーリーに関しては今さら説明する必要も無い様なメジャー作品なので要約。
「使徒」と呼ばれる謎の存在(見た目は異様なデザインの巨大ロボット)と戦う為、巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」を操縦する少年少女達の苦悩を描いた作品。

全四部作らしいのでストーリーやテーマへの感想は完結してから述べるとして、まずは作画レベルの高さに驚きました。

とにかく絵が綺麗で、しかもデッサンが正確。
最近のアニメーターさんって凄いなぁ。
あとは、一度3DCGで作った物をアニメ風に処理して見せてると思われるメカの数々が凄かったです。
戦艦の中(ブリッジ)のカメラの回りこみの多用も効果的だったし、デザインや演出の全てが凄くクオリティ高いんですよね。ずっとびっくりしながら観てました(笑)。

女性からするとイマイチとっつきにくい「男の子の好きなロボットアニメ」と捉えられそうですが、全然違います。
描いてるテーマも面白いし、しっかりしたドラマと緊張感が有り様々な「謎」の仕掛けられた凄く面白いエンターテイメント作品です。
未見の方は是非、レンタルで『序』『破』を観て欲しいですね。



※以下はネタバレを含む感想なので折りたたんでおきます。


今回の『Q』を鑑賞後、『序』『破』で描かれていた色々な複線に気が付きました。

マリってアスカの母ですよね?
「真希波マリ」って苗字は「しきなみ」とも読めるし、だからこそアスカの名前は旧シリーズの「惣流」から「式波」に変わったのかな?
だからマリは『破』で古い唄ばかり口ずさんでたんでしょうね。

エヴァの中からのサルベージに失敗したのがシンジの母で、成功したのがアスカの母。
で、マリは「エヴァの呪い」で若いままなのかな。

あと、次回の作品『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:|| 』の最後についてる記号「:||」は、楽譜の「繰り返し」って意味ですよね。
で、これまでのサブタイトルは全て「( )」が付いてて、それを入れるか外すかで2つの逆の意味になりますよね。
って事は、エヴァはリピートしてる世界の中で、今回は旧作とは別のルートを進んでるって意味なのかな?
だから『Q』でカオル君は「今回はシンジ君だけでも幸せにしてみせる」って言ってるんでしょうね。

アスカの眼帯やプラグスーツの補強部分は旧作で二号機が破壊された部分と一致してるらしいし、まだまだ色々と回収されていない伏線も有るんでしょうね。

かつて、映画界の巨匠スタンリー・キューブリックは『2001年宇宙の旅』で「人智を超えた存在」を黒い石版「モノリス」として描写しました。
インタビューで「人智を超えた物を描くにあたって、どう想像しても結局は人間が知っている物の集合体になってしまう。だから、シンボリックに石版として描写した」と語ってましたね。

それは「神」かもしれないし「宇宙人」かもしれない、人の想像を超えた「何か」。
ゼーレのメンバーが黒い石版なのも、そこに由来してるのかな?


次回作も凄く楽しみです。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画