MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

モテる男

職場で「どういう男がタイプか」とか「どういう男がモテるか」ってネタが話題に。

こういう話の時って女性の8~9割は「優しい人」(もしくは私を大事にしてくれる人)って言うんですよね。
でも残念ながら実際にモテるのは、優しい男では無く「優しさ」を演出できるコミュニケーション能力の高い奴。


昔、夜の仕事をやってた時は、周りに腐る程イケメン君が居ました。
V系バンドマンとか現役の俳優とかモデルとか。
アンダーグラウンドな仕事してた奴らも大勢(笑)。

その中で、もう、びっくりするくらい爽やかな笑顔で人当たりも良いイケメン君が居たんですよ。以下、B君。
B君はちょっと可愛い系のイケメンで、言動も優しくて物腰柔らかい男だったんですが、、、、服の着替えで一緒になった時、右腕に凡字のタトゥーが入ってまして。
まぁ、そんなのは珍しくも無いし自分も嫌いじゃないんだけど、彼のイメージとは若干そぐわない感じもしたんですよね。

で、色々話してたら、、。
B君、堂々と「俺、女は人間だと思ってないですから」とか言うんですよ?(笑)

彼は昔、借金の取立てみたいな仕事をしてたらしいんです。
でも、時にはご老人を相手に取り立てをしないといけないのが精神的に辛くて足を洗ったんだそうで。
でも、「女を騙すのは何とも思わないし、金の為に風俗に落とすのは当たり前だった」とか言ってました。
いわゆる、外道ってやつ(笑)。
でも彼、めちゃくちゃモテてたんですよねぇ、、、。

その時、彼が言ってたのは「女を落とすのは簡単。基本は冷たくする。で、時々さりげなく少しだけ優しい事をしてあげる。その後でまた普通に振舞う。これを何度か繰り返すと俺を意識する様になるので、後はタイミングを見て落としに行くだけ。これで落ちなかった女は居ない」とか。
「俺が優しくするのはお前だけ」みたいな印象を持たせる様にする、とも言ってました。

その話だけ聞くと、もう最悪なク○野郎(笑)。


でも、他にも数人のモテる野郎達が全く同じ事を言ってたんですよ。
そして共通するのは、皆、普段から話上手だったり聞き上手だったり、コミュニケーション能力の高い奴ばかりでした。
でも、外見がイマイチだけど物凄く優しくて良い友人は全然モテてませんでしたし、、、、。

ま、そんな奴に騙されずに本当に優しい良い人を見極める女性も多く居るし、前述の外見がイマイチで優しい友人は物凄く可愛くて性格も良い女性と結婚して幸せそうなんですけどね。

あと、専門学校に行ってた頃、一番仲良くて毎日学校帰りに一緒に遊んでたI君は、もう、めちゃくちゃイケメン、、というか、所謂「美形」でした。

お母さんがハーフで元モデル、本人もモデル事務所に所属してて、細身の身長187、やや色白で目が凄く薄い茶色。
ホントに超美形で、彼と一緒にマクドナルドとか行くと、彼を見た女子高生が口開けたままになってましたからね(笑)
メニューを見てるI君の顔を見上げた女子高生が、口をあんぐり開けたまま固まってるという、、、、そんな光景を頻繁に目撃してて「本物のイケメンすげぇ」とかよく思ってました(笑)。

ちなみに、自分とI君があまりにも仲が良いので、I君の彼女が「2人はゲイなんじゃ…」とか心配してた時期も(笑)。
それが面白かったので、飲みに行った時に彼女の目の前でI君と2人でキスするフリをしたら、泣きそうな顔しながら「辞めて~~」とか割って入られました。
もちろん自分は野郎とキスなんてできませんが(笑)。

でも今思えば、この時期はバイセクシャルの男性に口説かれたり、色白の男に「(本名)君って綺麗な指してるよね、、」とか言いながら手に手を重ねられたりした事も有ったので、実は自分の外見が、当時そういう風な印象を持たれる雰囲気だったのかも(笑)。

で。
前述のI君は普段凄く大人しい性格で、特別コミュニケーション能力が高いわけじゃ無かったんです。
もちろん、前述のク○野郎みたいに計算して行動する事も無い。
だから、遠目から観て「カッコいい」って言われたり、写メを撮られたりする事は頻繁に有っても、決してモテてはいませんでした。

まぁ、「モテる」ってどういう状態の事を指すのかっていう定義とか、受け取り側の主観にも因るんだけど、でも前述の様な事々を観てきてるので、自分の中では、「モテる男はコミュニケーション能力が高くて、計算しながら行動できる奴」だなぁ、、、ってイメージ。
だから何だって話なんだけど、、、、(笑)。


ちなみに自分はコミュニケーション能力はごく普通だし、モテるわけでも無いです。
でも、誰の人生にもモテ期は3回あるって話だから、そろそろ3回目が来て欲しい(笑)。
じゃないと、このまま干からびて一人で老後を迎えそうな不安が少々、、、(笑)。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/18 (Tue) 08:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 雑記