MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』を観た感想

監督 金田治
出演 石垣佑磨/大葉健二


1982年にテレビシリーズとして放送されていた「メタルヒーロー物」の元祖『宇宙刑事ギャバン』を初のオリジナル劇場映画化した作品。
大きなお友達の一人として劇場で見て来ました(笑)。

30年の昔、宇宙犯罪組織マクーは宇宙刑事ギャバンの活躍により壊滅したが、その残党が今も組織の復活を目指して暗躍していた。
そんなある日、宇宙物理学研究開発機構がマクーの残党により襲撃を受ける。
そこへ現れマクーの残党を蹴散らした銀色のコンバットスーツに身を包む男は、正式な宇宙刑事では無い十文字撃だった。
しかし彼は、一年前にスペースシャトルの遭難事故で生死不明になっていたのだが、、、。


今のSFX技術で描かれるギャバンがカッコよかったです。
初の戦闘シーンが夜なのが、スタッフは分かってるなぁ、、、って感じ。
銀色のコンバットスーツが夜に映えるんですよねぇ。
二代目ギャバンの青を基調にした目等の電飾も凄く良かったです。

シャリバンやシャイダーとのそろい踏みや初代ギャバンと二代目の共闘シーンもあるし、興味の有る人は見て損の無い作品だと思います。
二代目ギャバンを演じた石垣佑磨さんの力の入っった掛け声も凄く良くて、終盤のギャバンダイナミックのシーンは、軽く鳥肌物のカッコよさでした(笑)。
スーパーヒーローを演じるなら、これくらい熱くないとね。

それにしても大葉健二さん凄い。
もう60歳近い方とは思えない、切れのあるアクションでした。
凄く良い声してるし、問答無用にカッコいいですよねぇ。

残念なのは、シャリバン&シャイダーを演じた人達の、なんとも気合の抜けたヌルい演技くらいかな、、、。
初代&二代目ギャバンを演じたお二人の演技が熱かっただけに、余計に駄目さが目立ってしまってましたね。


自分、最初は劇場へ行くのを躊躇ってたんですが、抗うのを観念して観に行って正解でした。
おそらくブルーレイが発売されたら買います。大きなお友達は、もう観念して劇場へ行きましょう(笑)。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画