MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『のぼうの城』を観た感想

監督 犬童一心/樋口真嗣
原作 和田竜
出演 野村萬斎/佐藤浩市/上地雄輔


舞台は戦国時代。
天下統一目前の豊臣秀吉は、関東で最大の勢力である北条氏の小田原城めを目前に控えていた。
そこで北条側は防戦の為、配下の城へ篭城(城にたてこもって抗戦する)を命じ、忍城の城主「成田長親」も北条側として篭城する事に。
しかし、豊臣配下の兵は2万を超える大軍で有り、それを迎え撃つ忍城側はわずか500人程度。
更に城主の成田長親はまるで「でくのぼう」な風体から、城下の住民達から「のぼう様」と呼ばれている男だった、、、。


原作者『和田竜』さんの小説『忍びの国』が凄く面白かったので、同作家さんの著書『のぼうの城』も読むつもりでした。
でも、その時に手にした小説に「映画化決定」と書いてあったので、映画を楽しみにして読むのを我慢して待ってました。
そして、東北の震災への考慮で公開が延期された事も有り、結局数年も待たされてやっと劇場で鑑賞。
結構自分は戦国時代オタクなので色々突っ込み所のある作品ではあるんだけど、単純な娯楽アクション映画として面白かったです。

数多い登場人物達に明確な個性が有り、きちんとそれぞれの味を生かした立ち振る舞いをしてる所が良かったです。
また、個人的に大好きな武将で有る大谷吉継がカッコ良かったのと、石田三成がよく有る「徳川史観」による歪曲された「戦下手な小物」的な描写になって無かったのが嬉しいところ。

忍城攻めは三成が武将として「戦下手」という例で引き合いに出されるエピソードの定番なんだけど、忍城攻めを描いた江戸時代の軍記物は完全な「徳川史観」に寄った物なので、必然的にこの頃に描かれる三成の逸話は彼を意図的に貶めてる物ばかりなんですよね。
「軍記」と「史科」を混同したまま描かれる小説や解説本が乱造されてるけど、「軍記物」はほとんど「小説」(創作)。
忍城攻めの失敗だって、原因の大半は水攻めを強行させた秀吉に有りますしねぇ。。。

大谷吉継や長束正家が描かれてたのは良かったけど、佐竹義宣や真田昌幸も出てるともっと嬉しかったかなぁ。
まぁ戦国物オタクトークをしてるとキリが無いので、映画の感想に戻ります(笑)。

キャストでは「正木丹波守」を演じた佐藤浩市さんが凄くカッコ良かったです。
『最後の忠臣蔵』でも凄く良い味出してたし、幅広くコンスタントに活躍してる良い俳優さんですよねぇ。
主役「成田長親」を演じた野村萬斎さんも良かったし、山田孝之さんが凛々しく演じた「大谷吉継」も凄くカッコよかった。

残念だったのは、山口智充さんの演技が大げさ過ぎて失笑してしまうレベルだったのと、市村正親さんがどう見ても豊臣秀吉では無く徳川家康だったことかな(笑)。
甲斐姫を演じた栄倉奈々さんは凄く可愛いんだけど、やっぱり演技がどうにも、、、。

でも、しっかり作られた完成度の高い娯楽大作だと思います。
戦国時代物がすきな方や、大人数vs少人数って絵に燃える方にもお勧め(笑)。

次は是非、『忍びの国』も映画化してほしい。
あとは、今製作中の三谷幸喜さん監督による『清須会議』が楽しみ。
戦国時代が好きな人なら分かると思うんだけど、あの地味なエピソードをどの様に映像化するのか期待ですねー。

0 Comments

Leave a comment

You may also like

Category: 映画