MILLION MIRRORS-blog-

自作のイラストや漫画、映画の感想等が中心です。

『るろうに剣心』を観た感想

監督 大友啓史
出演 佐藤健/武井咲/吉川晃司


週間少年ジャンプに連載していた大人気漫画の実写映画化。
予告が凄く良いデキだったので、劇場で観てきました。

舞台は明治10年の東京。
幕末に世を騒がせた伝説の「人斬り抜刀斎」が現れ、彼の手によると思われる人斬事件がり多発する。。
「神谷活心流」の師範代・神谷薫は父親から道場を継いでいたが、「人斬り抜刀斎」は「神谷活心流」の使い手であるという風評のおかげで道場からは人が減ってしまっていた。
神谷薫は道場を再建すべく抜刀斎を探していたが、ある日「緋村剣心」という「るろうに」(放浪者)と出会う。
しかし、実はこの男こそが「人斬り抜刀斎」であり、、、。


凄く良かったです。
こういう原作物って、どんな風に作っても絶対に叩かれるんですよね。
でも、原作との些細なイメージの違い等がどうでも良いと思えるくらい、「剣戟アクション映画」としてよく出来てました。
佐藤健さんの殺陣が凄くカッコ良かったし、細かい演出や美術もしっかり仕上げられてて、スタッフ全員が本気で良い物を作ろうと頑張ったんだろうなぁ、、、という印象を強く受ける作品。
乱造されるアイドルを客寄せパンダに据えた安っぽいテレビドラマの延長映画とは次元の違う完成度だと思うし、これは是非海外でも上映して欲しいですね。続編もなるべく早く作って欲しい。

個人的には、吉川晃司さん演じる「鵜堂刃衛」が凄く良かったです。
吉川さん、とにかく声が渋くてカッコ良いし、鵜堂刃衛と剣心の対決シーンでの殺陣も凄く良かったです。
また観たいので、早くブルーレイを販売して欲しいくらい(笑)。
ヒロイン「神谷薫」を演じた武井咲ちゃんも可愛いかったし、若手の女優さんの中では一番好きな蒼井優ちゃんも凄く可愛くて良かった。

ひとつだけ残念だったのは、「斉藤一」を演じた江口洋介さんかなぁ。。。
この方、何を演じても、いつもの江口洋介さんって感じなんですよねぇ。
『GOEMON』や『戦国自衛隊』で観た彼と「斉藤一」とで、まったく同じキャラに見えてしまうと言うか、、、。
演技をするにあたって、作品ごとに役作りとかしない人なのかなぁ。
「斉藤一」は豊川悦司さんに演じて欲しかった。

自分の中では、漫画やゲームを映画化した作品の中で一番完成度が高いのは『サイレントヒル』なんですが、『るろうに剣心』は同じくらい良かったです。
原作を読んでた方だけで無く、原作を知らなくてもチャンバラアクションが好きな人にはお勧めの作品。

2 Comments

紅  

漫画ファンとしてはやはり実写化になるとどうも…っていう気分になってしまいますね^^;
けど完成度高いなら見てみたいかも…
映画化されたのはるろ剣の本当に初期のあたりなんですね^^

公式見た感じだと斉藤一はやっぱりミスキャストな感じがしますねー><
江口洋介のイメージじゃないですね^^;
恵さんももう少し悪女っぽい人のが良かった気がします(*ノωノ)

2012/09/04 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   

秋(管理人)  

ですよね、、江口さんもカッコいい役者さんだと思うんだけど、どうも素の人の良さとか熱血な部分が透けて見えちゃう感じなんですよねぇ。
どんな役を演じても、「気の良いあんちゃん」風に見えちゃうと言うか(笑)。

でも、単純に「アクションチャンバラ時代劇」として良く出来てるので、お勧めです(ё_ё)

2012/09/07 (Fri) 15:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: 映画